ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Duke Ellington 「Piano In The Background 」 (1960) B・T(1961)



油井せんせの名著「ジャズの歴史物語」エリントンの章では
1956年ベツレヘムに吹き込んだ「Historically Speaking: The Duke」
に端を発しフランスの評論家からイチャモンをつけられた事実
「ワシにも発表する権利っちゅうもんがあるんじゃぃ!」
と言いながらも以降、再演に慎重になったエリントンさんは
1966年「ポピュラー」という立派なレコを作ったのである
と・油井せんせは締めくくられておられる

そりゃまぁ ダレが聴いてもイイ(だからポピュラーなのである)
ま、曲のインパクトの方が強すぎて当時の空気っちゅうもんが表現されない
再演とは・それらモロモロのハンディを乗り越える演奏でなければ意味がない
(かヨぅに あたしゃぁ思う)


いちゃもん騒動は1958年か尊敬の念を込めて苦言を呈したアンドレ・オデール
アメリカのアーティストにゃ発表する自由があると言ったエリントンさんも
それ以降「ココ」は再演しなかった、さて2年後の録音の当CD
「Piano in the Background」を聴いてアンドレ・オデールが
どのように思ったか知るよしもない

案外僕ぁ エリントンさんが「コレでどや?」と思ったんじゃねぇかと思う
バックグラウンドどころか全面的にピアノをブチかましてくれます
ボーナストラックも今回はうれしいオマケで全面的にめちゃカッコよろし
苦情言うならバスドラの音とブックレットのスケベ笑いくらいか
特に僕ぁココで聴ける"Take The 'A' Train" あとにも先にもコレ最高!
これこそ「モロモロ・ハンディを乗り越えた演奏」ではないでしょうクぁッ?
(興奮してきた)

ほんで先日ぁ古いのを仕入れた若き日というよりかけだしのエリントンさん
ヴォーカル無視のイケイケ兄ちゃん(ちゃっかりソロもとっちゃって)
RIMG5259.jpg
「ARCHIVE OF JAZZ Vol-21 DUKE ELLINNGTON」(1924-27)
わしゃハーレム・ストライド弾きだっせぇ~
と言わんばかりの張り切りよう
あとで歌手にシバかれはった(と・想像できる)
バンジョーが入ったブンチャカブンチャカ・オールドジャズに
なぜか郷愁を感じる今日この頃・・・・、

そういう流れからの録音でしょうかねぇ
ストレイホーンとのピアノ・デュオ
R0017857.jpg
Great Times! Piano Duets with Billy Strayhorn(1950年)
左手にエリントンさんの特徴があるからワカルけど
右手になりゃ 今のどっちやろ?
(寝られなくなるから)
ほどほどにしか聴いてません

ストレホーンといえばこんなの仕入れたけど
CUE PORTERってホッジスのソックリさんやんヶ
(と・思たけど)ホッジスの変名やがな
RIMG5064.jpg
「CUE FOR SAXOPHONE BILLY STRAYHORN`S SEPTET」(1959)
それほどホッジスはいい演奏をしているとは思えない
ラッセル・プロコープのクラが聴けるのが僕には嬉しい
ドラムの音量が極端に低く録音技師か監修に責任があると思う
(やっぱしビリー&ホッジスは”コレ”が一番いい)

RIMG3583.jpg
The Peaceful Side (オリジナル・リリースは1961)
コレを聴くとストレイホーンって人は僕と同じく
草花を愛でる心やさしい美しい心の持ち主だったと感じる
同じ心の持ち主だから理解できるのである
癒し系ドクたの癒されるピアノでございますネ

せやけど「Piano in the Foreground」ってのも気になるなぁ
(そのうちヤフオクで三百くらいか)待と。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/13(木) 22:22:23|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<京都 東山地域散策 | ホーム | 暖春の徘徊>>

コメント

「美しい心の持ち主」云々の部分に多少ひっかかりはしますが、まあそれはいいとして、このSolid Stateの『Peaceful Side』は…。オリジナル・ジャケに漂う哀愁といったものが皆無ではないですか。
やはりUnited Artists盤か、せめてCDを。

『Piano in the Foreground』は、まあ普通です。
  1. 2010/05/14(金) 09:30:19 |
  2. URL |
  3. カフェソ山崎 #-
  4. [ 編集 ]

まあそれはいいとしてって?

ソコが一番大事な部分っていうかブログの核心なんですが・・
(ま、いいか)

ウっ、ま、まぁジャケに関しては仰ってる意味は十分(身にしめて)理解できてますヨ、
オリジナルジャケにこだわるナ!
(言ってる場合ではないですネ)
一歩間違えればボトムラインのOV・ライトですナ

せやけど 「Piano In The Background 」っていいですよネぇ~
トリオから始まってヴぁ~ごぇ~っと楽団が入ってくるこの感じ (まるでライヴに行った臨場感)
フィルモアのキング・カーティスか?
むじゅかしい顔してるよりココにもジャズの楽しさっちゅうもんがあると思います、

ピアノもんではまたエエの仕入れてますから
またエントリーしていきますネ!


  1. 2010/05/14(金) 20:56:53 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/733-8ff8ccaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。