ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Freddie Hubbard 「Straight Life」 (1970)



さてと・僕の最も好きなフュージョンともいうべき作品は・・・・
僕のブログを見てると判るハズなんですが「コレ」
(CTI 「GERSHWIN CARMICHAEL CAT」)
やっと手に入れたのが「2008・阪神百貨店 歳末大市」と・・
(2回もエントリーしてまんにゃがナっ!)

ま、それはともかく次となるとこのフレディ・ハバートを上げたい
そう 昔、FMでナベ・貞夫氏がやっていた番組のテーマ曲
ラジオでは冒頭部分しか流れてなかった
じつぁ2・3年前 中古屋で見つけてなつかしナと・買ったブツ
ラジオでは聞けなかったアトの部分である延々と続く打楽器の洪水とも呼べる
リズムがなんとも気に入った(コレやコレや コレでんがな!)

ジミは自分のギターのバックにこういうリズムが欲しかったんやど
(と・自分ひとりでナットクしながら)
このリズムを聴きジミのストラトを想像すると涙がハラハラと・・
(ウソですが)
具現化したのが「アガルタ」「パンゲア」だったかも
「時の歩廊」 ギル・エバンスよ(たち去れぃ)・・さいなら

さて“7時28分の恋人”はお天気キャスター(僕の)半井 小絵ちゃん




宇宙の彼方からレポートしとったのが「ウェザー・リポート」か?
この手の音楽語るにゃ外せないバンドだが、午前三時に時計がチクタク
シンセがボわわわぁ~ん、動画でシコシコより生身がイイッ!
あ、いゃ音楽の話、血がかよった音がやっぱし好きや
っちゅうことで観客前で演った「8:30」は例のレンタル・レコでよく聴いた

へてから また けったいなん出てきましたデぇ
RIMG6241.jpg
STEPS A HEAD 「MODERN TIMES」
無国籍音楽と謳い文句のこれぞフュージョンと言ってられる方もおられますが
なるほどM・ブレッカーのテナーにゃドラマが存在する
しかし昼のお茶の間 どーでもよいメロドラマに近い
間違ってもトレーンやホッジスといっしょにしちゃいかん
ドラマの次元・創造性がでんでんチガぃまんがナ
(この辺はその昔 縁日で購買したブツである)苦笑、

えと、しかしですな上記の「Straight Life」以外の音源に共通するのは
この方
ピーターアースキン
ピーター・アースキン
フュージョン時代にジャコ・パスと同じくらい彗星の如く現れた
ドラマーではないでしょうか?たしかに独特なセンスの持ち主、
だが個人的にはジャック・ディジョネットの方が好きだ
(と・いってもいまだ単独盤買う勇気無し)

さぁ~て フィナぁ~レを飾るのがフュージョンと呼べるかどうか
ソレ系のギターが入ってミンガスさん自体もソレ系に浸かっていかれた
(気がしないでもない)でしょ?
せやからもっとも王道・正統派なフュージョンとあたしゃ呼びたい

RIMG6244.jpg
「Three or Four Shades of Blues」Charles Mingus
エリントン公爵と同じメーカーの画材を使っているんでしょうか
どこか色の使い方に共通項を感じますなぁ この人の音楽

「スイング」と呼ばれようが「フュージョン」と呼ばれようが
「ジャズはジャズなんじゃ ヴぉヶい!」
と・ミンガス男爵さまが怒鳴っておられるようで
間違いなく あたしゃ名盤だとスタンプを押します
(何回でも押します・名盤です・アトランティック盤でした)。

スポンサーサイト
  1. 2010/04/29(木) 19:44:53|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<THE DUKE PLAYS ELLINGTON (1953) | ホーム | Herbie Mann . MEMPHIS UNDERGROUND (1969年)>>

コメント

僕はミンガスはだめです。
ピーター・アースキンもだめです。あ、でもアースキンの後釜として
ウェザーに入った人(名前失念)、はよかったです。

ジミの新譜(?)は買いました。『ヴァリーズ・オブ・ネプチューン』。
十年ぶりくらいに聴きましたが、マイルスがこだわったのが
わかったような気がしました。
  1. 2010/05/02(日) 22:39:40 |
  2. URL |
  3. カフェソ山崎 #-
  4. [ 編集 ]

ええ~ ミンガスだめぇ?

ま、ソコは私の顔に免じて また聴いてやってくださいまし
(ダニー・リッチモンド)やっぱダメか

アースキンの後釜はオマー・ハキム?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%AD%E3%83%A0

スイングイーラーのご子息ですか
ソコまでウェザー・リポート聴いてないから僕にはわかりません(サスガです)
しかし「会話」の為 ソレだけのために物凄い執念というか涙ぐましい努力というか
(僕も見習いたいと思います)

職場にアレ見たさにPC購入して
(今じゃPCに関しては専門家)
同僚の事思い出しました 
人間って まっしぐらになるとスゴイです、

う~ん、ジミは2枚組みのライヴだったかで
ものすごくスパニッシュ・ギターに傾倒してるナ
という部分があって僕には印象的でした
(も一回聴いてみたい音源です)

次から次へ買って、また欲しくなる
世間は黄金週間でしょうけど
あたしゃ ズぅ~っと仕事で 聴くヒマ無し
これだけ忙しのに仕事道具はボロっボロっ!
(キレるで)
で、フュージョンが残したモノってなんだったんでしょ?
(会話だけですかネ) 笑。






  1. 2010/05/03(月) 21:16:34 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

そうそう、オマー・ハキム。
『ドミノ・セオリー』がよかったです。

フュージョンが残したもの。
もはや誰も見向きもしないアルバムの数々。
一過性ミュージックの末路は哀れです。
  1. 2010/05/04(火) 00:20:19 |
  2. URL |
  3. カフェソ山崎 #-
  4. [ 編集 ]

やっぱり サスガです

オマー・ハキムに『ドミノ・セオリー』がよかったって
かなりコアな部分にまで入り込まれてたんですナぁ

かなり深刻な理由があったと推測されます
(そこまでして「会話」だけでは済まされません)
そうかぁ・・・やっぱし・・・ナルホド!ムフぅ~ v-48

そうかぁ フュージョンはエサ箱にも入れてもらえず中古屋の片隅に段ボール箱生活を余儀なくされ
ブラインド・ウィリー・ジョンソン、ダークな世界を彷徨っておるのか?
せやけど世にいうジャズ・マニアだけにとどまらずもっと多くの人々に
ジャズを普及させた功績はあるかも・・・どんな音楽家でもたぶんオーネット・コールマンでも 
より多くの人に自分の音楽を聴いて欲チぃ~ってのがホンネやと思います

ま、どんな形態とろうとも進化の一部で過去の発掘にいそしんでる僕には現在の位置なんか
知る由もないワケですけど
やっぱジャズ・音楽ファンってのぁ 増えた方がいいですよねぇ

ただし深夜の騒音にクルマから洩れてる騒音、あと車内でのイヤホンから洩れてるシャカシャカ
(チミ 恥ずかしないのン?)という感じ
最近はデカぃ ヘッドホンかぶった女性が目に付きますナぁ
(客観的に見て美人が多いです)。
  1. 2010/05/04(火) 23:22:47 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/728-f6a8d7ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。