ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Go Harlem」 New York Columbia Recordings, Vol. 2 (1927-1931)


さぶタイトル ジミー ハリソン 2

えと先日ぁ 年代別に行こうなんちゃってしまったが
「Vol. 1」の次は「Vol. 2」と行こう
(あまり正確、堅い事言わぬ事)
これがドクたブログのいいトコロなのである

11月に京都になんて住んでるとイロイロ忙しねン
(今日はホンマにへばったぜぃ)
ジミー・ハリソンの口癖であった
(いゃ ぶっちゃけた話)
「Vol. 1」もええけど 僕ぁ当「Vol. 2」(コレ 最高ぉ~)
ジミー・ジョンソン楽団にペリー・ブラッドフォードが参加
マーロぅ・ハぁ~ディと彼のアラバミアンズのブラックなコーラス
キング・カーターと彼のロイアル・オーケストラ
(コレがスゴイ)
トロンボーン・レッドはボントロでババー・マイレィを
ブチかます!てな感じでスイング・スイング・スイング前夜祭
煮詰まったスキヤキのコテコテ鍋にうどんをブチ込みたい衝動に
かられるのは私だけか?(知らんがな んな事)

っちゅう事で当CDからハリソン音源は
「VANCE DIXON AND HIS PENCILS」というどっちかつぅとゲテクラ
に分類される主謀者のバンドから
 16. Hot Peanuts
 17. Meat Man Pete (Pete, the Dealer in Meat)
 18. Laughing Stomp
 19. Who Stole the Lock
というノヴェルティでおチャラけた4曲になる、
てな事言うてもバカ笑い以外 演奏はバッチリ、
なんちゅうてもピアノがファッツさんで
(いい音で録音されてます)
そこからハリソンの音色も推測される 渋くスモーキーな音だ
1931年6月12日の録音で彼の死は同年7月24日となっている

そいじゃ事のついでに「ベッシー・スミス」との録音もいっとこゥ
(さぶタイトル ジミー ハリソン 3)
RIMG4861.jpg
(ベッシー・スミスの肖像 純にっぽん盤)1925-1933

コレに入ってるのは「Afer You've Gone」「Alexander's Ragtime Band」
(1927年3月2日録音)だけで、あと「Muddy Water」と
「There'll Be A Hot Time In The Old Town Tonight 」
という計4曲をフレッチャー・ヘンダーソン楽団のピックアップ・コンボ
としてジミー・ハリソンは参加しておる、

ベッシーといえばサッチモさんにクラレンス・ウィリアムスって・・
ソコはそれ さらぁ~っと流してコレを聴きましょう
(コレ いいなぁ~)






スポンサーサイト
  1. 2009/11/03(火) 22:41:39|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<Hot Notes: New York, Vol. 1  (1926-1929年) | ホーム | 「Happy Rhythm」 New York Columbia Recordings, Vol.1>>

コメント

えと本日はひさしぶりのエントリーとちょっと僕ぁ(酔っぱ)
だからもうちょい喋らしてもらぉ
ベッシーさんを聴いてるとやっぱ思い出すのがジャニスなんですヨね
(って俺だけか?)

ベッシーをライバルだと言ったジャニスやけど悲しいかなバックの音が
(ルイ・アームストロングと比べられまっか?)
で、ジャニスのいつもと違うバックの音(コレ 一番好きなんゃ)

「Janis Joplin - One Night Stand」
http://www.youtube.com/watch?v=Nc9saY_XcXY
  1. 2009/11/03(火) 22:54:45 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

ドクたさん、

おこんばんは。
京都、今月の観光客はメッチャ多いんでしょうね。ご苦労さんです。

このfrogのCDも内容、音質ともに「いい仕事してるやん」と思います。

>ベッシーをライバルだと言ったジャニスやけど....
ドクたさん、ジャニスも聴くん?
ジャニスも悪うないが、声量が全くちゃうやん?そんなことない????
  1. 2009/11/03(火) 23:59:57 |
  2. URL |
  3. きのした #-
  4. [ 編集 ]

そんなこと・・・・・

ジャニスも聴くん?

僕らの子供の頃は自然とジャニスとかジミ・ヘンが耳に入ってきた時代なのであります
(トシばれるやんか おっちゃん!)

ほてから僕のばやい 歌の上手い下手とか声量はあんましカンケー無く
バックの音との一体感っちゅうかソレが音楽になってたらええワケですがナ

先週から休み無し今週も・・・
あ、遅刻するがナ
(行ってきます)とほほほ。
  1. 2009/11/04(水) 06:02:24 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

トロンボーン・レッドはたった1枚のレコードしか残していない人で、フォンタナ盤『Nothin' But The Blues』にも収録されておりました。泥クサ系で非常によいです。
ベッシー・スミスのこの国内盤、実は年末そちらに送ろうと思ったんだけど…。別のを考えます。
  1. 2009/11/04(水) 15:59:50 |
  2. URL |
  3. カフェソ山崎 #-
  4. [ 編集 ]

あ、イケメンの・・カフェソ山崎さま

アップロードしてよかった・・ (ほっ)
別のを考えて・・・・(よろしくお願いしヤっすッ!)
嬉チぃなぁ~ この心優しさ!

コーン・シャックスのジャケはホント素敵!
ウィリー・ブライアント (もイイなぁ)
たしか40年代だったかテディ・ウィルソンも(印象的だったナぁ)
ナニ考えとンねん?(失礼しました、つい・・・)

しかし「カンサス・ジャンプ」は目から鱗でした
あれから私 どんッだけカンサスに興味を魅かれたことか
(筆舌に尽くし難い心の事件簿なのであります)
知らんがナ ンな事? (ごもっともでゴザイマス)

で、
たった1枚のレコードしか残していない人で

つまり今回も・・・(わしゃ 持ってンねんど)と・・

しかしこのトロンボーン・レッドさんのunknownなドラマーはダレなんでしょ?
スイング期を通り越しバップ期に突入されてるよな気がしますネ
僕ぁ キング・カーターと彼のロイアル・オーケストラの演奏が大変気に入りました。
  1. 2009/11/04(水) 21:04:11 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/672-f7fbf4d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。