ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Happy Rhythm」 New York Columbia Recordings, Vol.1

HAPPY rhythm
さぶタイトル ジミー ハリソン 1

粟村せんせの「ジャズ・レコード・ブック」にはジミー・ハリソンの項があり、
トロンボーンをソロ楽器たらしめた偉大なパイオニアと言われている
で、真摯なジャズ・ファンはこの偉大な先人の業績を探求する労を
惜しんではならんッ!
てな事ぉ おしゃってるワケゃがな

せやけど、その時代に生きてたワケやなし、後から遡って調査して
パイオニアや!というソロに出会うっちゅうのは困難の極みやデ
ぶっちゃけた話「あ、こんなモンでっか」と肩肘張らず
とりあえず僕のショボぃCDの中からはっきりクレディットされてる
音源をピック・アップしてみることにした
へてからどーすんネん?
(自分だけのジミー・ハリソンCDRを作ンねやがナっ)


っちゅう事で年代別にいきたいワケで、当CDからまずは1925年
ジューン・クラークは「ガルフ・コースト・セヴン」から
「 Santa Claus Blues 」と 「Keep Your Temper 」
(2曲のみ)
シカゴからクラークとハリソンがN・Yへ出てきたのはこの時期か
実家のレストランでつまみ食い事件の末、ボントロ1本持って
さすらいの旅へ出たハリソンはクラークと意気投合したのである
DSCF1142.jpg
一分の隙も無いスタイル、男ふたりはまずこの街の高級レストランへ
指をくわえて見てたのが レックス・スチュアートである
(と・自分の自伝で言っておる)

jamesp.jpg
そこへ当時から羽振りがよかったジェームズ・Pぃ~さまが
「よう来ンさったのぉ~ ご両人!」
「おいッ ライオンのおっさん!」
ぽケぇ~っとしてんと この二人のプレイ聴いてみぃ
「ボストンぶちかましてくれはッデぇ~」
(注;ボストンとは当時最高のスイングソロを言う)
ちなみに紀州の竿師が1回の工程で最上の竿が出来上がったとき
それを「ぬけ作」と呼ぶ(あまり本文とはカンケ無い)

ま、たしかに「Keep Your Temper 」のメロディはこびりつきます
が、ボストンは感じられない、しかしハリソンはいい演奏してるし
当CDそういう風に聴けば他の楽団のボントロニストは
荷台の最後尾で吹いてる感じとナニかしたいねんけど
技術が付いていってない様にも聴こえる

ベシェのピックアップコンボ(The GET HAPPY BAND)に参加の
ジョー・ナントンでさえ印象に残るプレイはしていない
例外はベネッツ・スワンプ ランダーズのIsiah Robinson
(綴り間違いと思うがブックレット通り)
このバンドがなかなかどーして イイんですよ~

っちゅう事でチョコ・ダン辺りまで続けたい人物
(という気持ちだけはあります)。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/29(木) 10:44:00|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<「Go Harlem」 New York Columbia Recordings, Vol. 2 (1927-1931) | ホーム | 10月の駅舎跡>>

コメント

やはりこのCDの一番の聴きどころは、異論もあるかもしれませんが、ベシェのゲット・ハッピー・バンドではないかと。
ガルフ・コースト・セヴンもいいけど、ライオン・スミスの良さがまるで生かされていないが残念。まあ、もっともスミスでなくともこのリズムでは、誰が演っても結果は同じようなものでしょうけど。
あと、エルマー・スノウデンのミュージカル・スティーブドアズもなかなかのものではないかと私は思うのですが。
  1. 2009/10/29(木) 22:50:11 |
  2. URL |
  3. カフェソ山崎 #-
  4. [ 編集 ]

ぎょッええ~っ!

やっぱし凡人には・・・・・と・いうか
修行が足りんのでしょうか?
ジャンク・バケットなんて聴きながら山道歩いたら
完璧に足腰と膝がヤラれそうです
(別に聴きながら歩く必要は無いのですが)

ミュージカル・スティーブドアズってのはスノウデン参加のゲット・ハッピー以下の2曲でしょうか?

凡人としてはブルー・リボン・シンコってのもけっこう
好きな楽団なんスけど・・・
修行に励むよう心がけます。
  1. 2009/10/30(金) 06:25:08 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

スノウデンのミュージカル・スティーヴドアは(21)(22)ですが。
FROGのコンピはマニアックなものが多いけど、これは内容がいいからお薦めですね。
  1. 2009/10/30(金) 07:21:22 |
  2. URL |
  3. カフェソ山崎 #-
  4. [ 編集 ]

あ~ これこれメタメタ良ろしゅうゴザイマス

タイトルそのまま、バンド名よりフレディ・ジェンキンスの名前が目をひきますし、
メトカーフさんはVol 2でも大活躍ですネ
1929ともなりゃ フロント陣はスイング期に突入してる感じやし
スキャットヴォーカルにジャイヴの原型を感じますナぁ

ストリングベース以前はブラスベース、ブラス・バンドの後ろの方で見かける
デカイやつを想像できますが
コレがなんともしれん音楽に味付けをしとります
スノウデンはスパイスなんですナぁ

このリズム音こそ 「20年代 こころの忘れ物」
なんちゃって いつものことながらロマンティックなフレーズをお許し下さいマセ (笑)。
  1. 2009/10/31(土) 07:21:49 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/671-0e4adaea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。