ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Al Haig Today! (1965)


それにしてもひでぇ事しやがるぜ
長年探していた1枚、それを「コレは400円ほどでした」あぁあ?
あぁ~タ、それでもニンゲンですかッ!
(そりゃあ クルマも故障するデ)

ま、ボヤいてもしゃーないからヘイグさんの事でも書こう、
昔っから気になるピアニストだったんスが、
買うならコレだ!と心に誓ってはや(20年は経ったかナ)
先日すんなり落ちていただきました
(帯と解説がなけりゃ安い)
あの・陛下さまに触発され、油井せんせも「天才肌!」
「カミソリのような・・」と形容されとるピアニスト、
バップ勃発期から活躍と・されとるがバップピアニストといえば
ナニを隠そう隠しても誰もが知ってる我らがバド・パウェルさま!
えとコレは1953年のパウェルさんの音源発掘LPで
(ま、あんまし録音は良くありませんが)内に燃える闘魂というんでしょうかネ

RIMG3600.jpg
「Bud Powell」 Inner Fires (1953)

音源から10年後の1963年でのインタビューが(オモロイ)
フェイヴァリットピアニストは?(と・問われ)
バド・パウェルさんはなんと、アル・ヘイグと答えておられます、
バップ・ピアニストはすべてパウェル系と言われとりますが
各人それぞれ独自の個性があるワケ、ヘイグさんの場合パウェル以前、
独自のバップ感覚を身につけてた方だと思えるなぁ、

油井せんせが言われた「カミソリ」とは切れ味の事だと思うが
僕ぁ 完全主義、パーフェクトな演奏をするヒト、
もちろん演奏に「茶目っ気」なんて皆無、神経質で冷徹な方かも・・
それでも「温かい」トコロがあるんだナぁと感じさせる

A面はジャケの示す如くベースがいい仕事しながらのモダン・プレイ
(このピアノタッチが完璧主義者である)

B面2発めでガッビぃ~んとあたしゃきましたヨ、
「Brother, Where Are You」
コレって子供の頃よう聞いたやン(ダークダックスだったか?)
わっしぃぃ~んトン 広ォバの・ヨっわ フケぇてぇ~
(こういう曲を取り上げるトコロに温かさがある)

次は・・・(おっさん、なんでワカってん?)
「Polka Dots and Moonbeams」
コレ、俺のめっちゃ好きな曲やんヶ!
そして・・・「Willow Weep for Me」とくりゃ
(たたみかけてくるよナぁ)
ここまで僕の好みを知ってるとは他人とは思えません
選曲だけでなくこの解釈と追随するインタ~なプレイは
ワカル人にワカっていただければ・・・・
(ちょっと我輩にもワカッテきた感じやど)

最後曲 「Saudade」の演奏は後のクロス・オーヴァーでの
クリード・テイラーはともかくディブ・グルーシンや
アール・クルーてな連中はコレ聴いてとり入れたのぁマチガイ無い、

別アルバムでの日本語ライナーにゃ「トゥデイ」は中途半端である
と書かれておる、そりゃA面とB面のニュアンスの違いの事だろ
(B面一発目に「Satin Doll」をもってきたらどやろ?)
統一感がなんだ!「中途半端」大いにステキにけっこうである
(コレが音楽の巾ってモンだ)。

追加
RIMG3804.jpg
Claude Thornhill楽団 (1947)

ダンス・バンドの粋を出ないクロード・ソーンヒル楽団
それでもブラスの編曲に凝っちゃって・・・
(ドラムの音があんまし聴こえません)
ココで聴ける「Polka Dots and Moonbeams」もしかり
ホーンアレンジがあって成り立ってる様相
どうもピアノは片手で弾いとるナ
(コピーできそ)だから気に入った。


スポンサーサイト
  1. 2009/07/11(土) 09:44:17|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Al Haig Quartet (1954) | ホーム | ひさ方ぶりの釣り行き・・>>

コメント

あ~これ、僕も好きな1枚であります。けど、ヤフオクなんかでよく見かけるっていうのは、手放す人間が多いってことだけど、何ででしょうかね。
京都のジャズ評論家、久保田高志氏がヘイグのリーダー・アルバムには「これはというものはない」と最近買った氏の本に書いてあったけど、言い得て妙というか。って、納得してどうする。ま、でもパウエルがそう言っっていたというのは、天才は天才を知るということでしょうか。
あー、うちの前で路上ライブをやっているフォーク青年、君、うるさいよ。それとレパートリーがメチャクチャ。節操がないぞ。
  1. 2009/07/12(日) 19:09:49 |
  2. URL |
  3. カフェソ山崎 #-
  4. [ 編集 ]

うわっ

そうか、車が壊れた原因はコレだったのか・・・。

で、なんですて?
コレを探してたぁ??
わかりました
遺言状には「ドクタ様行き」と記しておきます。
楽しみにお待ち下さい。
くれぐれも先に逝かないようにお願いします・・・。
  1. 2009/07/12(日) 22:27:41 |
  2. URL |
  3. ken-G #coBBpKVY
  4. [ 編集 ]

陛下さまもお好き?

しかし僕には高貴っていうか気品があり過ぎ感もあります、
終わり方っていうか締めくくり方まで計算されてカッコいいですネ、
とにかく「JAZZ WILL O THE WISP」は早めに入手したいッスぅ~

パウェルさんの場合「あぁ~」ですがヘイグさんは鼻息ひとつ聞こえない、
ホットな男がクールに憧れたのかもしれません(笑)

久保田高志氏?京都?いちど住所がわかれば遊びに行きたいです
(おみやげにレコード貰えますかネ?)

フォーク青年にひと言
ええかげんにせんと2階からバケツで水ブッかけられッゾ!

  1. 2009/07/13(月) 08:46:18 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

ケンさん・・・おそらく原因はソレです

僕もなにかの本でファッツ・ウォーラーなら例の音源がオススメって見た記憶があるもんですから・・・
それにしてもソチラは量が出るからでしょうか
(安いっすネぇ)

遺言状?マイケル?
そこまでロケン・ロぉ~らぁの真似せんでも・・・
くれぐれも先に逝かないようにって
わしゃ殺されても死なん男ですケぇ
最近くだらん例の祭りでわやくちゃにされ死んでますが・・・・(笑)

あ、それからですネ
ディック・マクドノーとかカール・クレスなんてお名前をあまり出されない方がよろしいかと・・・・
(ヌぁ~にぃ~!)
「それぁ わしのシマウチプレイヤーやないヶ」
(正確には)
「その辺は私のテリトリー分野と心得てるんですが」
てな事言い出す方がでったい居てはる思います、
故障だけでは済まない事態が発生するかも (笑)。
  1. 2009/07/13(月) 09:10:16 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/642-6f5bd3c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。