ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都 愛宕山 (ケーブル駅跡)


え、では前回のつづきです

その日 亀岡方面は深い霧で京都市内はよく晴れた
桂川が蛇行しながら流れていく様子がよくわかる
蛇行といえばリー・モーガン「サイド・ワインダー」か
(あまりピンとこない)

それでその日の調査は戦前 愛宕山を登っていた
ケーブルカーの駅跡調査である、
地図には載っていない、ネットでブログの画像を参考に
大体の見当はつけた「黒門」~「水尾の分かれ」間を徹底調査、

RIMG2171.jpg
どんどん下へ降りていくキコリの道や枯れた竹やぶの中を彷徨い
バキバキ音をさせたから参道を行く登山者をクマかいな?
(とビビらせたことだと思う)
最後に「水尾の別れ」付近を探索した

RIMG2174.jpg
モミの木があった、クリスマスの定番で枝が左右対称
ここに目をつけ玉網を作ったのが昔のアユ釣り師、
それをアレンジしたのがヘラ用玉網で天然モノ、
プロが作ったモノは庶民には高価過ぎるのである
RIMG2445.jpg
だから自分で作るのだが (ジャマくさなった)
おっと、モミの木を物色している場合では無い調査が先だ
RIMG2180.jpg
フラフラしてると家の基礎みたいのがあって
道はついてないが辺りを徹底調査、あった・・・・
砂漠の中から発掘された古代文明都市という思い
(大げさな男である)

RIMG2181.jpg
戦前の人々がケーブルを利用して愛宕参りでにぎわった光景が想像できた
(敷地内に育ったりっぱな松の木は戦後生まれか)
RIMG2211.jpg
戦争で鉄が不足したので軍が徴集したのであろう
暗い時代もありゃ明るい時代もやってくる  (たぶん)

RIMG2216.jpg
という事で去年末に輝かしい冒険&発見をしたと自己満足しながら
例の「ドクの愛の新道」を歩くと比叡山も垣間見えたのである
(ハラへったぁ~)。

以下オマケ
RIMG2403.jpg
(イケメン&ジジぃ~)
それでは年が明けて職場のOBと退職間近のジジぃ~3名での愛宕行き、
いやぁ~老人パワー炸裂でコチラ汗びっしょり
(僕にナメられたらアカンと思ったらしい) 参りました・・・
RIMG2410.jpg
やはり年が明けると冬らしくなって年末の光景とは大違い (凍ってます)
これからは小さなアイゼンは必携ですナ
あ、それからJR保津峡駅から水尾までこんなマイクロバスが出てますヨ
RIMG2133.jpg
時刻表はコチラ↓
RIMG2131.jpg
時間を節約したい方にはオススメ ♪





スポンサーサイト
  1. 2009/01/14(水) 09:55:10|
  2. ドクターの遊び場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<今月は映画を観た | ホーム | 「霧」とアイク・ロジャース>>

コメント

イケメンドクさん

ケーブルカーはなぜナクなったのでしょう?
戦争中になくなったんでしょうかねぇv-259
  1. 2009/01/14(水) 13:40:14 |
  2. URL |
  3. ちっち #-
  4. [ 編集 ]

年寄りだと

ナメてはいけません、ツワモノが多いです。
瞬発力はありませんが持久力が凄いですね。
クソジジィと呼ばれるように今から精進せねば。
  1. 2009/01/14(水) 16:30:10 |
  2. URL |
  3. blueeyedsoul #nlnTgiQk
  4. [ 編集 ]

 コメント誠に!ありがとうございます

ちっちさん

イケメン?深いご理解に感謝致します、
なぜナクなったのでしょうって?
せやから鉄砲の弾とか戦車作るのにケーブル・カーの鉄を使いよったんでしょう
(そんなことして勝てる相手ちがいますがナ)

ちっちさんはお若いから知らんやろけど マジに竹ヤリで敵戦闘機落とそ思たはってんデ
(笑うやろ?)
せやけどこれだけ物質文明がケッタイな事になってきたら そういう精神世界っちゅうのもこれから大事な事やと思いますナ、

あ、ほてから僕ぁ 韓国のインスタントラーメン(白いスープのやつ)
アレがめちゃ好きなんですワ
(ソレがどないしたン?)
いや、ちょっと言うてみただけ・・・・

ソウルさん

いやぁ~ソウルさんのように「ムひょう~!」ってのをアップしたいんだけどナぁ
(羨ましいです)

たしかに・・・・若干ナメてかかってましたが
(ヒドイ目に合わされました)
死ぬかと思いました v-40

やはりジジぃの強さは精神世界で鍛えられておるんですナ
あ、コチラのジジぃ~は持久力より瞬発力がスゴかったです 
(そのまま死んでまいよるんじゃないかと・・・)
心配して損しましたが (笑)。


  1. 2009/01/15(木) 00:25:03 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

月並みな観光地散策とちごて、ケーブル・カー跡の
調査冒険!さすがドクはんです。
頭が下がります。
へてからマイクロバス時刻表にある「一般の方でも
ご乗車できます。」ちゅうのはどういう事でしょう。
まさか通常の利用客は紋々入れたその筋の方
ばっかりとか・・・。v-26
  1. 2009/01/17(土) 00:46:40 |
  2. URL |
  3. バビロン #-
  4. [ 編集 ]

せんせ・・お褒めにあずかり恐縮です、

ま、今回は歴史的考古学的な調査でございました
で、調査というのは どんなかなぁ~という好奇心、
パンツの中身は どんなかナぁ~というスケベ根性
と合い通じる精神的状況下にあると思います、

ココに若さと健康を維持する秘訣があるワケで
(ピンピン) v-91 (でもない・・か)

で、自治体が運営するバスですので高い塀はございません、
スジ者皆無(ええヒトばっかし)
里に通う職員とか先生を指す事ですナ。
  1. 2009/01/17(土) 13:26:38 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

atagosan

遺跡を発見する喜びは
ナニモノにも代え難いものがあります
しかも
老人3人だけで敢行されるとは
まったく畏れ入りましてございます

え?
ダレが老人やねん?
老人2人とイケメン1人や?


そうでした
そうでした

愛宕山といえば
ケーブルカーもさることながら
やっぱり
桂枝雀の「いらちの愛宕詣り」であります

甚兵衛はん「表出て西の方見てみなはれ、京に住んでるもんの徳、高ぁいお山があるなぁ。あれが愛宕山、あの天辺にある神さんが愛宕さんじゃなぁ」
辰っつあん「ほぉ~さよか、神さんでやすか」
甚「そぉや」
辰「神さんがわたいのイライラっとすんのん治してくれますかい?そぉいぅ方ですかい?」
甚「そぉいぅ方、はおかしぃが、だいたいは火除け魔除けに霊験あらたかな神さんやが、まぁ心静めて神信心したら自然と「イラチ」も治る勘定じゃ、人間落ち着きが出てくるで」
辰「さよか、ほな行てきます。行てきます……、行てきます、行てきます、行てきます」
甚「やかましぃなぁ。行てきます、て、これから行ったんでは日が暮れてしまうで。あの愛宕山ちゅう山は高いお山じゃでな、明日の朝早よ起きて身ぃ清めてから行ったらどぉじゃ、神信心のことじゃで」
辰「さよか、ほなそぉします、そぉします、そぉします、そぉします」
甚「やかましぃっちゅうねん」

とゆうような
あの愛宕さんですね

年末にいただいた赤唐辛子
重宝しております
もっぱらペペロンチーノと金平牛蒡に使わせてもろてます
けろね
(けろねっちゅうことはないけろね)
あないぎょうさん
使い切るんに一生かかりますわ
いや
おおきに

  1. 2009/01/19(月) 10:43:30 |
  2. URL |
  3. Sa. Sa. King #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

いやぁ~ ササ・キング様が演じられると・・・

ありがとうございます!
まるで枝雀師匠が生き返られたようなビジョンが見えてきますナ
(サスガ!)
えと・先日ボキが「ぜにや」で枝雀師匠の「ふたなり」演ったん覚えてはります?

箱根の山 登ったときゃがナ
兄さんの出るまでもおまへん、ワタシが退治したります
っちゅうて妹のおフクがな・・・・・
(ナニ退治しゃはりましたん?)
フっ・・・ただのトラゃがナ
(かなりアレンジしてまっけど・・・)
あ、やっぱり覚えてへん?

ま、ほんでナ
遺跡調査したんは 僕ひとりでやってんやんか
ジジぃ~3名ジジぃ~2名イケメン1名は背景が雪景色やろ?
調査は年末やがナ
ま、イロイロ障害あるかと思いますが しっかり見てナ
あ、唐辛子な 僕も供給してんねんから、ええ料理方が見つかりました
ヒマができたらエントリーしますワ
(けっこう美味かったデ)。
  1. 2009/01/19(月) 20:39:00 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/604-2a7ec411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。