ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年 紅葉2 「大河内山荘」



RIMG1904.jpg
 (ホンマは東が好きだが)
この時期 京都の西を歩いた

混雑を避け あまり紅葉は有名ではない
が、僕の好きな「大河内山荘」へ行ってみた
RIMG1913.jpg
抹茶 RIMG1952.jpg
 大河内傳次郎 戦前銀幕の大俳優である
彼が34歳から64歳で逝去するまでの30年間ギャラと
自分の「美意識」を継ぎこみ 百人一首でおなじみ
「小倉山」の南斜面(6万坪)にコツコツせっせと庭園を築いたのである

ちなみに北斜面は”先日チャリで登った亀山公園である”
RIMG1899.jpg
クルマでいっきに「大河内山荘」へは非常に行きにくい
公園を登ったり嵯峨野の竹林を通りぬけねばならんルートである
それがフィナーレを控えたプロローグというべきか

中門
山門まで来るとなぜかホっとする
彼の設計した建造物は 知識の無い僕にも
ただただ素晴らしい 渋いと思える
RIMG1923.jpg
 
一番のお気に入りの場所が山頂の「月香亭」で正面に
比叡山がカッコよく見え(カメラには写りませんでしたが)
自宅でクリスタルな夜景と月を愛でられたのでしょうか
「月香亭」
後ろの眼下には保津川が流れ「大悲閣」と目線を合わせる

大体 庭園というのは箱庭的なイメージから宇宙の広がりを
感じ取るのかも知れんが じっさいデッカぃでこの庭園は
で、映画のように風景画が変化していくワケで
RIMG1949.jpg
フィルムと庭園に自我の美意識を遺されたアーティスト
と言える情熱家で大俳優の大河内傳次郎さま

RIMG1975.jpg
これほど渡月橋に人が歩いてる風景と完全に交通が麻痺
しておる現在の嵐山を見て 先人はどう思われるのでありましょうか?



















スポンサーサイト
  1. 2008/11/30(日) 23:38:39|
  2. 京都 オン マイ マインド(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<The Leiber & Stoller Story, Vol.1951-56 | ホーム | FREDDIE NORTH  「I`M YOUUR MAN」>>

コメント

恐ろしい・・

人ですねー。
一歩間違ったら機関銃で一掃射撃しそうです。

大河内傳次郎のマネしてたんは岡八郎でしたっけ?
  1. 2008/12/03(水) 22:03:59 |
  2. URL |
  3. blueeyedsoul #nlnTgiQk
  4. [ 編集 ]

映画 「ボニーとクライド」風味ですナ

あまり画像が多くなりすぎ感がありましたので割愛
させていただきましたが、
撮影時のスナップ風素顔は(僕似で)二枚目でしたヨ v-236

え、岡八郎やってましたか?
片岡千恵蔵も誰かやってたような・・・・
この辺は その時代をかいくぐっての事情通 バビロン氏に詳細を語って欲しいもんですね、

あ、ほてからジャクソン・ブラウンは僕も「ステイ」が好きです v-31
  1. 2008/12/04(木) 20:44:39 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/589-bf69bea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。