ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Mitty Collier 「Shades Of The Chess Singles 1961-1968」

ミッティ・コリア-
 
今年の夏ぁ歯痛で悩まされた、2週つづけて休日出勤
やっと休みだと思ったら歯がグラついてきた

また歯医者に診てもらったら ナニも言わず引き抜かれた
かくして男の牙は失われ 家人から笑われプライドも失われた
(クソッ これからどうして生きていこうかと一瞬考えた)

せっかく待ちに待った休日・・・どこにも行かずTVのスウィッチを入れる
中央競馬かオールマンの「You Don't Love Me 」の出来損ない音楽を
使っておる、バラエティーかクイズにゃバカの一つ覚えか
「I Can’t Turn You Loose」というのがいつもの わンパターん
ま、TV製作者のレヴェルが伺いしれるというか情けない仕事ぶり
という事で60年代R&BシーンにおいてはTVのような軽い仕事は
しとらん、パクリも無し!自社のサウンドのオリジナリティ
っちゅうモンがあったよに思う、
メンフィスのスタックスにゃホーンセクションがロールする
特徴があったし、マッスルショールズは重厚なリズム・セクション
とバリトン中心のサックス陣がコール&レスポしとるのが特徴
(と思う)
またそれが当時の時代にあってたサウンドだったんでしょうナ
南部はカプリコーンレコード&ヒットのおかげでジミー(カーター)
は大統領にまでなりよったがナ
その後のモータウンサウンドっちゅうのも一世を風靡した感がある

チェス

さて、そういう影に隠れておったのがシカゴのサウンドでありますが
僕的にシカゴR&Bシーンにおける特徴とはズバリっ・・・
ドラムの使い方である!って言うか(その録音の仕方だと思うンよネ)
ホーンセクションはあくまで直線コース主体、
先日の”ロスコー・ゴードン”(ヴィージェイ)「チェス」
しかりである (ご確認いただけたでしょうか?)

売れなくとも地域社会のサウンドを死守したサウンドの
コダワリに男気を感じますナぁ
現在冷めた耳でシカゴR&Bサウンドを聴いてみると
(やっぱ玄人好みのサウンドではないでしょうかネ?)

シルヴィー・バルタン「アイドルを探せ」的バイオリンの使い方
は僕の好みではありませんがトレモロ効かせたフェンダーの音に
初期シカゴの名演は存在します(おヒマな方は探してみ)

最後になりましたがお付き合いするならビッグ・メイビルさんですが
このミッティ・コリアーも体格のワリにメガトン級でした

ほてからシカゴ・ソウルと言えば昔よく聴いてました
この方も忘れられませんです。







スポンサーサイト
  1. 2008/09/12(金) 07:37:04|
  2. LADIES SING
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ザヴィエルさまのTom Ritchey (P-23) | ホーム | Red Garland  「The Nearness Of You」 (1961-11-30, NYC)>>

コメント

ミッティ・コリアのこのアルバム、一応私も買ったんですけが、時間がなくてまだ聴いなおりません。よかったですか? ドクター殿がいいというなら聴いてみようかと思いますが。
  1. 2008/09/12(金) 16:22:26 |
  2. URL |
  3. カフェソ山崎 #-
  4. [ 編集 ]

まいど どうも♪

あ、はぁ~ん 強いオススメがあったワケですネ、で よかったですかって
(僕に言わす気?)そいう事避けたいからカンケ無いこと喋って・・・・
でも先日「Bー29の操縦士はどんな顔してましたか?」ってお聞きしたら
「ンな事知るケ!」って怒られました
(せやけどヴェンチャーズやもんナぁ)

えと、昨日抜歯して ただいま1日ぶりでビールめちゃ飲んでる事をご理解下さい
(じつぁ空気を振動させて聴くのははじめて)
ヴォーカルはイイですヨ(この人知らんかったけど)

さて4は歌詞がいいです!(意味ワカッテませんが)
7・8この辺がシカゴのホーンですな、11もガンバって歌っておられますが
バックコーラスの入れ方が×でギターがクサぃ、
12はピアノがクサぃな、どこかで聴いたメロディが多いッスよねR&Bは、

13のヘルプ・ミーはサム&ディブ「ソウル・メン」(こっちが助けて欲しわぃ)
17は本家のブルースの音を聴かせてくれます、
18・19この辺りはビッグ・メイベルを感じさせられますネぇ
でもメイベルさんの場合、地震が来る前のあの地響きネ(アレがいいんだナぁ)
以前お付き合いしてた女性もそんな歌い方でめちゃ上手かったナぁ
(って そんな事言わんかてエエねん)

さぁ~て20・21・22 コレです!僕が言うシカゴ・サウンド
(ヴァイオリンは無視して下さい)
21はシルヴィー・バルタンのヒットにあやかろうとしたのは間違いなさそ、
うん僕ぁ22が好きです僕もミスタ・ロンリーですから(笑)

あ、ほてからハーラン・レオナードはベニー・モーテン楽団に居られたんですナぁ
へてからジミー・ハリスンは頂いたフレッチャーさんで2曲聴けました
軽々とトランペットみたいに吹いてられますネ
(勉強になりました)ありがとうございます。
  1. 2008/09/12(金) 20:30:43 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

こりゃまたずいぶんと丁寧な解説で、読んでるうちに何だか聴いてしまったような気が…。もう聴かなくても済みそうです。
  1. 2008/09/12(金) 20:43:35 |
  2. URL |
  3. カフェソ山崎 #-
  4. [ 編集 ]

いや まぁそう言わずに・・

それほどガナってはおられませんヨ、
でも、なんちゅかバックの音が気になる性質なもんでネ

やっぱ以前陛下が紹介された「ヴィージェイ」のオムニバス、
昨日も聴いてましたがイイですねぇ
(も1枚の方も欲しくなってきました)

それから初期のバーバラ・リン、クレジットはありませんが
ニューオリンズのスタジオ録音だと思われますが
 あの手のバックの音もいいと思います。
    ↓
http://punyo81.blog1.fc2.com/blog-entry-363.html#more
  1. 2008/09/12(金) 21:19:50 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

ミッティー・コリアさんですか。
水前寺清子風の容貌と華奢なお体からに似合わず、剛球をビシバシと投げ込んで来はりますね。
久方ぶりに聴いてみまっさ。
  1. 2008/09/12(金) 23:33:57 |
  2. URL |
  3. バビロン #-
  4. [ 編集 ]

せんせ  おはようございます

水前寺清子の剛速球って、まことにマトを得た表現力に感服いたしますデス、

で、先日ぁせんせトコロでブルック・ベントンさんなんかチラっと出演されてましたが
「Rainy Night in Georgia 」アレ一発の感もありますが(あの曲たまらん 好きですにゃワ)

クルセダースのとき取り上げたかったんスけど(彼等のバージョンもばっちりです)

しかし邦題は「雨のジョージア」ってなってるでしょ?
僕ぁ「雨夜のジョージア」ってしてほしいと思ってるんスけど・・
もしくは「オトコ・・・ひとり旅」「フーテンの寅・ジョージアへ行く」
(どうでっしゃろか?)
  1. 2008/09/13(土) 07:38:49 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/568-5c67974c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。