ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「わたしのグランパ」<「燃える男」


 
久しぶりに本の紹介でもしよう(自分で選んだ本ではない)
あ・いやナニ、高校生の娘の夏休みの読書感想文用である
(学校が読む本のリストを指定してる)らしい、
娘が「感想が書けへん」って言うから読んでみたが
(オモロイやん)

文学っちゅうより「冒険小説」やデ、
外国のように探偵や保安官が登場するってのぁ
国産ではプロット(最近覚えた単語)に無理があるワケで
「昔の男」(ジジぃ)の登場で孫の珠子からみたヒーローもの
(彼女も強くなってくトコロが良い)

RIMG1086.jpg
 孫のイジメや校内暴力、町の地回りや自分や孫に
襲いかかる暴力、そして自分自身にも
「昔の男」のやり方で筋を通していくのである
(いつものマイ・フレーズを もいちど)
冒険小説とは 男の名誉 生きざまである☆

1999年度第51回読売文学賞説賞を受賞した筒井康隆の作品
(もっとも僕には文学の香りは嗅ぎ取れなかったが)
この辺だな、リストに挙げられた理由は、
(娘には僕の感想は言わないでおこう)、

さぁ~て、僕のオススメ本はコレコレ!
上記作品との共通項は「昔の男」でありますが
スケールがでんでん違うデっ!
RIMG1085.jpg
 
人生に心を閉ざした元外人部隊の大ヴェテランが
イタリアに流れ着いてのボディ・ガード業
富豪の少女との心の交流(文学である)

瞬間のミス・・・少女はヒドい殺され方をされる
元傭兵を怒らせればどういう事になるか?
たったひとりで虱つぶしの復讐劇ゼニカネの問題では無い!
クリィーシーは戦争のプロフェッショナブルである、
よくあるストーリーと思われるでしょうが
僕の5本の指に入る冒険小説の金字塔の一本であります
(古本見つけたら必ずゲット損は無し!)

世界でよく読まれたのでしょうか、この作品から主人公
クリーシィーはシリーズ化されとります、
アブナイ事柄を題材にする作家「A・J・クィネル」
誰も彼の過去や現在も知らない
国際的陰謀から束縛されぬよう謎の作家として執筆活動
(著作権や印税はどこの銀行に振り込まれるのか?)

デンゼル・ワシントン出演で映画化もされたようですが
(カす、フィルムの無駄、カネ返せ!)
というシロモノでしたナ。





スポンサーサイト
  1. 2008/07/27(日) 22:05:13|
  2. 眠りなき夜の本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<冒険王 横尾忠則展 | ホーム | パナシェ セッション 1938-39>>

コメント

まだ、内容読んでへんねんけど、
娘さん 高校生かいしー!!

海水浴なんか
アカンに決まっとるがな!!

  1. 2008/07/27(日) 22:44:59 |
  2. URL |
  3. わてダ。 #-
  4. [ 編集 ]

筒井さん

私の大好きな筒井さんじゃ
あーりませんか
筒井さん&星さん&遠藤さん田辺さん
あー今でも大好きです

ほんで
高校生の娘さんがいらっしゃったのね
そーかー
色々大変でありましょうー
うーん
なんか、よーわかります
  1. 2008/07/27(日) 23:06:01 |
  2. URL |
  3. ちっち #-
  4. [ 編集 ]

わてダ様 かいしぃ~?

あのネ、僕をそこらの中年メタボ加齢臭プンプンオヤジと
同一視してもらっては困ります、

特に親子で行政を喰いモノにしたろと企てて・・・
(あ、コレ以上はお口にチャックね)
とにかくみなさん寄って集ってドク様のことを・・・(ブツブツ・・)
き・決まっとるがな!!ってそんな決めつけんでも・・・
見てみなはれ去年は行ってんデ
      ↓
http://punyo81.blog1.fc2.com/blog-entry-469.html#more
(来年はお願いしてみよ)

あ、ほんで昨日は比良でちょっと・・・・
(また書くわナ)。
  1. 2008/07/27(日) 23:54:31 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

ちっち様 あ~りませんかって

僕の大好きなチャーリー浜様の物真似していただき
大変嬉しゅうゴザイマス、

筒井さんってピアニストの山下洋輔が大ファンやっちゅう事くらいしか
知りまへなんだ「ジャズ小説」ってのも書いてられますな
(いっぺん図書館で借りてみよ)

うう~ん、その中では田辺さんが一番好きかな
「窓を開けますか」アレが好きやな、
「猫も杓子も」は現代の大阪の情景がうまかった、
けど藤本義一も大阪書かしたらうまい、野坂は神戸の言葉ですネ、

女性作家では高村薫って人「マークスの山」
アレ一冊しか読んでへんけどファンになりました
(アレって冒険小説だと思います)
一度ココで紹介してみたいッス、

あ、そんな大変っちゅう事もないですが
(近い将来おカネがかかりそうです)笑。

  1. 2008/07/28(月) 00:11:56 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/555-c5873457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。