ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドクの道具箱 4 (桜の季節 乗っ込み編)

川

と、いう事で冬と盛期の極端なウキ使いを喋たんかましてきましたが
(なんか忘れてやしまへんか?)
そうです春の「乗っ込み」巨ベラシーズン!
これこそヘラ師の祭典!祇園祭りか天神祭りかリオのカーニバル?
てな感じでヘラちゃんより人間がはしゃぐ季節ですナ

桜の残る木と釣り友と狙う絶好ポイント
(2・3日クルマ泊してはりますナ)

超深場に生息する大型ヘラちゃんがこの季節にゃ
ヘラ竿の射程距離まで産卵に接岸するんですナ
乗っ込み限定にわかヘラ師ってのも登場しますヨ
タッ タモォー!

しかし僕ぁ 仮にも妊産婦をいたぶるってのぁ
ナチュラリストとしてですねぇ・・・
(って んな事言ってる場合ではないか)
ウチの近所にも「◎×巨ベラ会」の会員さんが
おられるようだが関西はこのタイプのヘラ師が多いです
桜が残る山
(完璧な滋賀県のヘラ師スタイル)

大型狙いって事になると遠征またはナイター釣り
が多くなるのよネ
僕としては軟弱野郎だから そこまでして・・・
という気持ちがある (幽霊も好きではない)
余談だがウキを見るスコープ (持ってない)
要るなと思う状況は度々あるが
(そこまでして・・)である
これが僕の釣り哲学の一部かも

という事で僕ぁこの時期 若干のスケベ根性をポケットに
近所である琵琶湖水系のヨシ際狙い 
できれば短竿で斜め打ちが理想 春雨が降ったり止んだり
(う~ん 最高のロケーションです)
そういうスタイルが好きである
麦わら帽子のドクター
(ショボイ巨匠 釣れへんからセルフで遊ぶ)

初天然
琵琶湖にもこんな美形(養殖)が居た(小っちゃくってゴミン)

ブルギル交じりに「またかいナ」と思った瞬間ガツーン!
葦の影から水中に見えるデカい銀鱗がヌぉ~っと
(口から心臓が飛び出る思いの一瞬)
竿をタメる間もなく沖目に走られ(プッツん!)
オ、マイガっ!ガがががががッ
(オーティス・レディングやがナ もォ~)
「野」
ウキは浅場狙いなので小ぶりで浮力あるヤツ
鯉に持っていかれる可能性(大)
(だからリーズナブルなブツ)
あとノコギリとカマは必携である

ま、この時期その気があれば たっぷりな時間を所有して
詰めて行く必要があります(僕 無理)
っていうか正直 なにがなんでも人よりデカいの釣ってやる
という色気が無い(すんまソ)
水辺の訪問者
新芽にウグイスの鳴き声や生物が動き始めた季節感を
楽しみながら あわよくばという(スケベ根性)
近くでヘラちゃんが強烈なハタキなんかしてると
釣り座を作る時間も惜しくドキドキします、

いつも釣り始め 支度してる時はワクワクドキドキ
するもんやけど いちばん少年になれるのがこの季節です。












スポンサーサイト
  1. 2008/06/14(土) 09:48:21|
  2. ドクターと僕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ドクの道具箱 5 (最近の傾向と晩秋) | ホーム | ドクの道具箱 3 (カッツケウキ 盛期編)>>

コメント

ヘビはいかん。ヘビは。
  1. 2008/06/15(日) 10:40:07 |
  2. URL |
  3. カフェソ山崎 #-
  4. [ 編集 ]

今回も・・・

短くも的確なコメントどうもです、
ヘビは例のキングさんのブログで話題になってたんですが、
ヘラ釣りしてると対岸から一直線に来られます(必ず一直線です)

それからビリー・ホリデイ「奇妙な果実」木から一杯ブラ下がってるのも
(気持ちわるゥ~!)
極めつきは竿ケースの中からヘビの抜け殻が出てきたとき
(ご本人は我が家のどこかに住んでるかも)
パンツの隙間から「黒ヘビ」さんが出てきても不思議ではありませんが 
竿ケースから出てきたら(気持ちわるゥ~!)

でも釣り場で遭遇して一番恐かったのは「リス」でした、
何匹かが後ろの木の枝を走ったのでしょうか(その音)
山の中の静寂でただ一人、突然の音に池に落ちかけました(笑)

しかし「チューバ」といえばキング・オリバーさんの
「フランキー&ジョニー」アレ好きやナぁ
(関係ない話すな?)あ、はい。
  1. 2008/06/15(日) 22:25:39 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

「チューバ」といえば

1927年録音チャールズ・ドーンバーガー楽団の「タイガー・ラグ」強烈ですよ。
  1. 2008/06/16(月) 08:57:23 |
  2. URL |
  3. ザヴィエル #-
  4. [ 編集 ]

ザヴィエル さま

よくもまぁ このムサいブログにご訪問(光栄です)
「タイガー・ラグ」って テンポの早いあの曲でチューバとは
想像しただけで強烈そうですネ、

綴りは 「Charles DoneBurger Orchestra」?
やっぱSP限定でしょうかネ、
チャールズ・ドーンバーガーとかジョー・タート?

わかった、みなさま僕を「ヘビの生殺し」状態に陥れようと・・
とにかくあの画像見て理解できたことは
チューバの練習する前に筋力トレーニングが必要って
事です、
あんなデカいの楽旅のとき どうするんでしょ?
(オマエが心配すな?)あ、はい。
  1. 2008/06/16(月) 13:21:19 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

youtubeに・・・

Charles Dornberger楽団youtubeにありました。
27年のビクター録音です。オリジナルのSPで聴くと迫力あるのですが・・・。

http://jp.youtube.com/watch?v=7092NOB5lQ0
  1. 2008/06/18(水) 10:22:27 |
  2. URL |
  3. ザヴィエル #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます、こりゃスゴイ

そうかぁ~!(持った新聞 バッタと落とし)その手があったか!の湯ゥ~ちゅゥぶ、
いやぁ~最初はクサったノートのスピーカーで聴いたんスけど(コレ いまいち)
イヤホンのジャックをブっ差して聴いたら(めちゃイイです!)
わかるワカルわかりマス!

チューバはもとよりこのボントロにぱ~カッションとのなんだカンダのこの絡み!
(あの端整で美しい奥さま)とはうってかわってのコテコテごった煮的スウィング全快モード!
(そこに一発 僕好みの豊満たるチューバのアクセントが)
チラっチラっ、ボヨよ~ん!ヴォっと来りゃ
(いやン やらしいワぁ~)って音に色気無いと
(意味ないやんケッ!)って、
つい調子コクってぇか暴走してしましまいました、

そりゃ幕府との折衝が大切な折 このような末端ブログにまで伝導を施して
もらえるんだから舞い上がって当然、

おかげをもちまして「釣り伝導」ブログも(ショボく)終盤を迎え、
またもや(どーでもええ)音源ブログに立ち戻り
(コイツ絶対アホやろ)と思われながらのプチ伝導活動を続けたく思いますので
ヨロシクお願いします。
  1. 2008/06/18(水) 21:06:10 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

nokkomi

ボクもいっぺんだけ
琵琶湖ののっこみ狙て行たことあります
ボクが尊敬する宮田師匠に連れてってもろたんですが
場所がよぉ憶えてませんねんわ
湖東やったと思います
木の浜やっかな‥‥‥
ほんで
半日の釣りやし無理もないんですけど
ボクは皆目釣れませんでした
師匠は泣き尺を何枚か釣ったはりましたが
それが
狙いではないことはわかりました
釣れても
釣れへんかっても
表情の変わらんちゅうか
いつも優しく微笑んでおられる方やったので
満足したはるのか
残念に思てはるのかはわかりませんでした
微笑んだまま
「さ、ぼちぼち帰ろか」て
ゆうたあの声が忘れられません

いつやったかの四月の半ば(やったと思います)
谷本師匠(ボクの浮子作りの師匠)に
淡路島の野池に連れてってもろたときは
よぉ釣れました
師匠は尺七寸釣ってご満悦でした
ボクも尺上連発で
「ヘラて簡単やなぁ」て
思たりしました
ほんで
その夏の盛り
ボクも野ベラの50cmアップ釣りたい思て
師匠に抜け駆けで
一人フェリーに乗っておんなじ池へ行きました
めっちゃ暑い日でした
ボーズでした
「ヘラてむずかしいなぁ」て
思いました

宮田師匠も谷本師匠もいまはあっちの人です
いまごろは三途橋のたもとで
二人仲良ぅ浮子を並べていることでしょう

ところで
ドクさんは
なんでヘラしか釣らはらへんのですか?
え?
きくな?

とぅんまてん

  1. 2008/06/27(金) 13:46:40 |
  2. URL |
  3. Sa. Sa. King #HfMzn2gY
  4. [ 編集 ]

いっぺんだけは あきまへんデ

ま、記事にも書いたけどヘラ師がはしゃぐ季節や思いますが
(統計的に出家する方が多い思います)

たぶん「木の浜クリーク」で前に何本も杭があったと思います、
あの杭にピタっとエサ落として竿を送り出して
ウキを杭の前にピタっと立たせないとアタリ出さない場所ですネ、

乗っ込みと言うより居つきのヘラがいてると思いますが
最近はバス狙いで一杯だと思います、
宮田師匠の声は僕にも聞こえる気がします
どうしてもきん・グぅ~さんに釣って欲しかったんですよ師匠は
いっしょに釣り行って 釣り友が釣れない
(コレってつらいもんです)

四国へ遠征してボーズをくらう 口直しに淡路島へ寄って帰ってきたってのぁ
よく聞きますネ(行ったこと無いけど)

それにしても手作りウキでうどん池行ったり50cmオーヴァーを狙うって?
ま、夢は大きい方がいいとは思うンですけど 
やっぱ具現性ってモノも大事だと思うんだナぁ。
  1. 2008/06/27(金) 23:16:51 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/544-19ecef90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。