ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ART TATUM TRIO Vol,2 REHEARSAL 1944

アート テイタム リハーサル

ブツはたぶん天井収納庫か?とにかくおそろしく丁重に
重厚に作られたジャケでありましたので つい・・・
(彼らの楽屋へおジャマさせてもらった感じになります)
1944年のタイニーにスラム、御大アート・テイタム様
の黄金トリオ!のリハーサル風景です、

水辺の藤
この季節、湖面を見ていると一枚のヘラ鮒、
それを追う♂か 2匹の魚の素晴らしいスピード感と
銀鱗の閃き 自然界の一瞬の光景

コイ
(注:池のコイ見ていても絶対見られません)

ココでは3匹の跳躍と閃きを感じさせます、
king and queen

A面がテイタム黄金トリオでB面がメリー・ルー・ウィリアムズ
テイタムさんの知識に乏しい僕ぁ 安かったのでコレを買って
1発目「Flying Home 」に腰抜かしてしまいました
後世に最強なんてトリオが無駄に噴出しましたが
これ以上の演奏は聴いた事ぁ無い(と思う)

疾走する鍵盤の隙間に楔を打ち込んで行くが如きの
タイニーのギター!
粟村氏の例の本をくってみると氏はスラム・スチュアートが
好きでないらしい(ナニをおっしゃいますやら)刈りあげクン!
ほなミロスラス・ヴィトウスかジャコ・パス?
僕ぁチャーリー・ミンガスでは無くヘイデンなんかが・・・・
(時代錯誤もはなはだし)

スラムの弓引きベースソロを聴いてると愛情と言えば
キモいが暖かくテイタムがサポートしてるのに気付く
「俺ぁこのベース好っきやデ」って言ってる感じだし
テイタムのインスピレーションに瞬時に対応していく
ベーシスト及びギターがタイニーとくりゃ
当時はやっぱスラム・スチュアートしか居なかったでしょうナ

それにしても神様はリハーサルといえど手を抜きません
これほどの神様と名手揃いが「If I Had You 」では
何回もやりなおします
ホンワカムードなこの曲もリハを聴いて本番テイク聴くと
緊張感&ドラマを感じますナぁ~

もっと聴いてみたいってンでコレ購入
           ↓
アート・テイタム・トリオ

以上3音源で黄金トリオのコンプリート!
(って言えるでしょうか?)

それにしても こういうゴマカシの効かない
演奏だからかLPとCDでは雲泥の違い、
愛のある強烈なる事とおざなりセックスの違いですナ
(SPなら どういう事態になるんでしょうか)
とにかくパブロ盤はLP探そ・・・・。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/18(日) 10:19:22|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「ジャズ 1920年代」 リチャード・ハドロック著 (草思社) | ホーム | ART TATUM THE STANDARD TRANSCRIPTIONS (1939-1943)>>

コメント

これはフォー・マニアな1枚で。私は滅多に聴きません。つーか、1回聴いてしまいこんだきりです。というわけで、ドクター殿も天井裏へ隔離と相成ったのでしょう。多分。
テイタム・トリオというと、レッド・カレンダー、ジョー・ジョーンズとのやつが…。あれ?以前も同ようなことを書いたような気が。
パブロ盤でしたら、バディ・デフランコとのも素晴らしいです。ベンのを探すついでに。
  1. 2008/05/19(月) 12:45:37 |
  2. URL |
  3. カフェソ山崎 #-
  4. [ 編集 ]

僕は聴いてますヨ★

って言うか、この10インチとLP片面の5曲をCDにしたもんですから・・・、
ほんで タイニーがチャラ、チャラと演り出す・・
瞬時にテイタムが反応して2人で疾走していく箇所もあって
いつか見た魚影を連想させられるワケです
(最後まで聴かせてくれヨ~)って気持ちになります、

最近 音源さえ抽出すればジャケには触りません
(もっともオークションからは追放されたままですが)

陛下からオススメ頂いたのは 「ゴッド・イズ・・・」でしたネ
アレはテイタムさんの別な一面を見せられた感じです
7曲目くらいからか「モンクの間」を感じさせられます
かなりボロっちぃピアノを弾かされてる感じですが
サスガ!と思わせる演奏でリラックスムードも
いいです、
レッドカレンダー達とのトリオはCDですが落としておいて
よかったです(結構な値段になってますがナ)
最後曲のブルースフィーリングがなんとも(むふふぅ~)

で、バディ・デフランコ?
t-42氏なら疑いの目で見るトコロですが
(ぼ、僕ぁ 陛下さまを信じておりますぅ~)
果敢に行動できればイイなぁ~。



  1. 2008/05/19(月) 21:29:24 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/535-982992c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。