ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The Music of Raymond Scott (1937-1939)

レイモンド スコット

1年前くらいに買ったのか 最近聴きなおして
結構ハマってまんにゃけど・・・
カートゥーン音楽とか電子音楽なんちゅうのは
僕にはお呼びではないのだが ちょっと「アマルコルド」
とダブる音楽で タイトルの付け方がオモロイ!
マーティン・ディニーかファン・ティゾール風に
エキゾチックやねん 
スピード感はフレッチャー・ヘンダーソン
(と言えば言い過ぎか)
それでも確実にスウィングしてまんにゃがナ

それと変調がめっちゃ好きなオッサンですナ
例えば「Toy Trumpet」ではジョナ・ジョーンズから
ババ・マイリーって言うと(これも言い過ぎか?)
「Peter Tambourine 」での中間部のサックスからクラが
絡む辺りなんざ僕としてはじつに美味しい

「At an Arabian House Party 」聴くとうるさ方の
スウィングファンにもナットクの演奏ではなかろか?
RSQpic.jpg
こちらが主要なメンバーである

「俺たちゃ機械やった」とグチったドラマーやけど
僕ぁ「Dinner Music for a Pack of Hungry Cannibals 」
とか「Twilight in Turkey 」でのドラムの使い方
好きやデ、アプローチの仕方は違えどなぜかこの辺で
レニー・トリスターノと僕ぁダブる
どちらも「完全主義者」のヘンタイおじさんである、

(それでは僕も変調を試してみる)

そこそこのトシになると公園で遊んでるガキとも
話ができるようになるものである
(昨日の晩ゴハン何食べたン?お母ちゃんキレイか?)
こども

このガキどもに僕が付けられた呼び名が(なんと)
「ヘンタイおじさん」(シクシク)
(わ~ぃ ヘンタイおじさんダぁ~)
た、たのむから保母さんの前で その呼び方
やめてくれって・・・・・。

スコットさんをもっとよく知りたい方
スポンサーサイト
  1. 2007/12/05(水) 13:55:26|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< Sam Price & His Texas Blusicians (1929-1941) | ホーム | Jazzin' the Blues, Vol. 2 (1939-1946) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/492-a689e112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。