ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JONNY GUARNIERI THE DUKE AGAIN (1956)

20071105213733.jpg

アーティー・ショーとグッドマン楽団を行き来したピアニスト
尊敬するピアニストは?と聞かれて
「わし自身じゃィっ!」と言わはったジョニー・ガルニエリさん

エリントンの楽曲とギターに僕の大好きなジョージも参加となりゃ
(コレぁ たまらん!っすヨ~)
内容的にコチラの方が前回のジャケと合ってる気がしますナ
(ヴぇりぃ~ ロマンティックにスウィングしとります)、

と、いう事で今回は「スウィング感」について話そう
カウンターでウイスキーなんぞを前にジャズを聴きながら
アタマ振ってるオッサン、いっぺん そのアタマをハタイたろか
(皮付きピーナッツを鼻の穴に突っ込んだろかぃ)
という衝動に駆られるのは僕だけではないハズだ
20071105214934.jpg

しかし そのオッサンの行動こそがスウィング感を
感じとっておる瞬間でもある、
ジャズって音楽がスウィングって呼ばれていた時代のみ
このスウィング感が存在したのではない
(おそらく現存もしておるであろう)

じつのトコロ 僕ぁ「ホーカム・ボーイズ」からエルビン・ジョーンズ
のドラミングまで このスウィング感ってのを感じる、
ジャイヴってのは「スウィング感」の塊と言えるかもしれない

ジャズを好きになる前に自分に合った「スウィング感」
を感じ取ってほしい、
要はモダン・ジャズだけに「スウィング感」ってモノが
存在するのではないって事で(こんな本まで出ておる)
20071105215031.jpg
知らない楽士さんを知ることができた(それだけである)
僕的に全然まったく「スウィング感」を感じないヒトが
崇め奉られておった(不信感が噴出)
20071105215108.jpg
「スウィング」を感じる方も多種多様なのである
(本の返品は受け付けてもらえなかった)

やはり僕的に「スウィング感」ってのはジャズという
スタイルが一番似合うようだ、
20071105215053.jpg

愛竿が弧を描く時、展望をあとに山を下りる時 そして
あの時の あの瞬間(ドピゅっ!)というエクスタすぃ~
こういう時に「スウィング感」を感じられれば
も・あぁ~た ホンものですがナ、

こんな方もまったりジャジぃ~なイイ感じにスウィングしてられますネ
(とちゅうリズムを乱してるオッサンもおりますが・・)
限りなく盆踊りに近い「スウィング感」ではある。


スポンサーサイト
  1. 2007/11/05(月) 22:08:34|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「美山」MTBツーリング | ホーム | Johnny Guarnieri The Song Of・・・(1956)>>

コメント

「ドピゅっ!」っていうのがスウィング感とどう繋がるのかがいまいちよく分かりませんでしたが(笑)、まあ、スウィング感はジャズのみにあらず、ってことなんでしょうか。
この本、私も読みました。安直でつまらないことばかり書いてあって読んでいて退屈、仰せのとおり私もできれば返品したいと思いましたよ(笑)。
  1. 2007/11/06(火) 15:16:12 |
  2. URL |
  3. カフェソ山崎 #-
  4. [ 編集 ]

それではご説明しましょう、

「ブルースとは男女の心の揺れ動きを歌ったモノである」正確ではありませんが あの映画でサン・ハウスさんが言った言葉であります、
この際ジャンルは無視、とにかくイイ演奏ならスウィングしたりグルーブするって事でビートの違いで呼び方が変わるだけ(マクロ的に見れば)でしょ?

ミクロ的に見ればエリントンとベイシーのスウィングの仕方は違う!
(って横道にそれました)
サン・ハウスさんの言葉をお借りして・・「スウィングとは男女の営みを音で表現したモノである」と、僕ぁ言いたい つまりセックス★(大江健三郎はセクスと書く)

挿入時(ではなく)創成期(ニューオリンズジャズ)ではソロ楽器に絡みついてる楽器がありますネ
(これが第一段階「絡み」です)

第二段階ではシカゴやハーレム、カンサスジャズなんかでの「盛り上がり」
(も・どちらも「盛り上がり」が最高潮になりますと)ま、僕ぁこの辺に時間かけたいンですけどネ(テヘっ)

あとはご存知パロマのベニー・グッドマンで「ドピゅっ!」(ですがナ)
あとは(知らんぷりはいけませんネ)
「めちゃよかったワぁ~」なんて言いながらガルニエリさんタッチのロマンティックなひとときを過ごしたいモンです
(大変 苦しまぎれの説明でした)

やはり「ドピゅっ!」は(いつか書くであろう)ジャズの生命「アドリブ編」に残しておくべきフレーズでした、

今回も「あの本」について陛下さまのご同意がいただけて ぼ、僕ぁシアワセェ~です
(どピュっ!)



  1. 2007/11/06(火) 23:26:30 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/486-d2d94cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。