ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

THE TEDDY WILSON (1935-1938)





「カフェソ山崎」様のブログで
「テディ・ウィルソンっちゅぅたらコレやど」
と何回となく言っておられたと思う、
昔 中古屋でよく見かけたが山崎氏の発言が影響したのか
最近サッパリ見かけなくなった
こうして音源というモノは我が国の朱鷺(絶滅種)状態になるのである
そりゃネ、スウィング期真っ只中においてベニーグッドマン一家
やベイシー、エリントン組の大幹部がこれでもか!コレでどうじゃい?
とあの手この手で盛り上げるんだからコレぁ~たまらん!
なぜかミルドレッドさんの元亭主もエエ味出しとるンよね、

コレは僕にとって「感動盤」である、そう度々感動してると
感動する事の値打ちが下がる(から あまり聴かない)
「バードランド」のトレーンやモンクの「ヒムセルフ」
も一応コレに属しておる、

さて、「イケメンのまぁ~シぃ~」様はこの夏 油井せんせの
「生きているジャズ史」の「最低だ」発言に触発され
パンツ一丁で床下を引っぺがし壮絶なるレコ探索をされた
らしい、気持ちはわかるが傍からみるとキチ・・・
(あ、失礼しました)
とにかく手持ち在庫が豊富だとそれなりの苦労もあるもんだ
なとつくづく考えさせられました、

じつぁ僕もあの本の「ご馳走と名演奏」から触発されました
テディ・ウィルソンがブランズウィック録音のさい
「今日は僕の最初の吹き込みだから、あとでご馳走をフンダン
に食べてもらおうと、準備してるんだ」(勝手に転載)
と言ったに違い無いとせんせはおっしゃってられる、

そういうリアクションなくしては「What a Little Moonlight Can Do 」
と「Miss Brown to You 」という名演は生まれなかっただろうから
一度聴いてみろ(って言われりゃ 聴きたくなりますネ)
ま、ビリー・ホリディのCD買えば簡単に聴けるワケだが
(プライドが許さん)
調べもしないでテディ・ウィルソンのCD注文して
何枚関係ないモノを買ってしまったことか!
(そんなに買ってませんが)

ちょっと長くなりそうなので(つづく)。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/07(日) 15:19:41|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TEDDY WILSON AND HIS ORCHESTRA 1934-1935 | ホーム | Washboard Rhythm Kings, Vol. 5(1930-31)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/476-12ecb659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。