ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ELLINGTON'S SMALL UNITS 1935/1941




先日の「エリントニアン」からついでにと言っては大変失礼に
あたるCDである、
20070330122458.jpg


コレぁホッジスさんを代表する「Hodge Podge」というCDで
鼻クソとは無関係 という事ぁ僕が説明するまでも無い
が 何曲かダブるからムカつく(セコぃオトコですまン)、

で、圧倒的によく聴き 好きなのが当CDである
それではこのCDを解剖してみよう 執刀医はドクター
(偏見と独断 無知無恥で自慰行為大好き)なのでご注意願いたい、

まず このCD相当なクーティー菌に侵されておる!
いゃ エリントニアン系細菌分子には悪性でなく善玉コレステロール
しか存在しないではないか(失礼しました)
クーティー菌については後からのお楽しみに取っておきまショ
っちゅう事で それ以外の良性楽曲をバラバラに思いつき的科学的学術的
簡単コメントで処理していこう、

「Squaty Roo」
ティゾールのエキゾチズムなリズムとエリントンのファンキーとの融合、
「Echoes Of Harlem 」
ウムっ!これがエリントンのドラマが有る高貴な「黒さ」の一環である、

「Give It Up」 ココぁリズムに注目(もちろんピアノ含む)である、
「Dooji-Wooji」 ハぁ~こういうのSPで聴いておられる方
いらっしゃるンすネぇ

「Delta Mood」 「Mobile Blues」
クーティーにマイレィが宿っておるではないか

「Clouds In My Heart」
(た、たまらん!)このバックのアンサンブルを聴いチくれィ!

「Squaty Roo」「Tea & Trumpets」
コレがエリントン音楽のファンキーな部分である 甘さだけが
売りモノではない昔っから培っておるホッジスのリズム感の良さ!

「Good Gal Blues」 コレが最高!なのである、

さて以下がクーティー大活躍善玉コレステロール 
アカセンやテッチャンにプルプルこびり付いておるキャワイイ脂の塊を
思い描いてほしいトコロである
   ↓
『「Chasing Chippies」「The Boy From Harlem」「Frolic Sam」
 「The Jeep Is Jumping」「Gal-A-Vanting」』

ま、ユニットのリーダーを押しのける勢いでありますが プレイでなく
これらの曲は同じ方向性っていうか構成がよく似てるよに思いますナ
で、乱暴にもこれら5曲を総括的に(クーティーの)
「ハーレムの少年」って勝手に呼んでおるワケです、

一番僕が好きなのが 「Gal-A-Vanting」どういう意味か知らんが
とにかくハーレムの街を駆けめぐる少年や少女の
跳躍が見えてくるンだなぁ(感受性が豊かなもんで・・・)
(音の跳躍とはセシル・テイラーだけのものでは無い)
あと「Clouds In My Heart」と「Good Gal Blues」この3曲どれも
甲乙つけがたいですが この3曲で当CD買ってもお釣りがきますネ♪

という事で当CD善玉コレステロール満載 
悦楽ベッドでうっふゥ~ンであります。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/30(金) 12:37:32|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<< MILDRED BAILEY Harlem Lullaby | ホーム | 季節の変わり目>>

コメント

ジャズ・アーカイヴズのCDは庶民の味方。安いけどどれも内容はよろしいですな。なので「おつりはとっといて」くらいのことを言わなければいけません。
それにしてもエリントン関連のCD、かなりお持ちのようで、コメントにその成果が表れております。
  1. 2007/03/30(金) 16:12:00 |
  2. URL |
  3. yama #-
  4. [ 編集 ]

アーカイヴズって読むんですか?

僕には読めません(でした)、安いとは僕の口からは言えませんが ココと「プロッパー」はCD買い初めて良心的だと気付きました♪
クラシック盤には責任無いンですが エゲツない値段付ける業者は(アホ)それを買うのはもっと(アホ)ってトコロでしょうか?
「アーカイヴズ」で聴きましょう~「ビル・コールマン」に「ジョナ・ジョーンズ」!「ディッキー・ウェルズ」も良心的に聴けるドっ!(って この辺最近聴いてるンすけど)
あ、そうそう「レッド・マッケンジー」の「ブルー・ブロワーズ」(イイっすね)櫛とティッシュ!でジャズ演る人、はたまた骨と口笛の「ブラザー・ボーンズ」この辺クロス・オーバーさせて記事(書いて)下さいヨ~!
そこで質問ですが 「レッド・マッケンジー」って競馬の騎手だったんでしょうか?(英語ワカラン)
コメントありがとうございました!陛下のおかげで機嫌が直りました(じつぁ僕 生理中だったんです)笑。
  1. 2007/03/30(金) 21:54:56 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

私に「書いて」って、無茶言わないでくださいな。私だって今生理中なんだから(笑)。いや、笑ってる場合じゃない。今はもうまるでヤル気なしでして。しかもついこの間まで同じCDを延々聴き続けて、今は何も聴きたくないし。
レッド・マッケンジーは競馬の騎手でした(英語ワカランて、ちゃんと分かってるじゃないですか)。ケガでやめて、音楽の道に進んだのです。で、マウンド・シティ・ブルー・ブロワーズをしっかり押さえているあたり、もう私の出る幕はないかと。
  1. 2007/03/30(金) 22:58:27 |
  2. URL |
  3. yama #-
  4. [ 編集 ]

ご返答 ありがとうゴザイマス

「マウンド・シティ・ブルー・ブロワーズ」は御大さまのオススメであったワケですが(ココだけの話)あの方のオススメにはちょっと恐怖心というモノが・・・・・
あ、今回は大正解でした♪短いけどラングさんのプレイがスゴイし、あのサックスにクラが美味しいですネぇ、
同じCDを延々と・・・・また原稿ッスか?(真面目な山崎サマ)テキトーにってワケにゃいかんのですかナ、
僕ぁ またテキトーにガラクタ音源や苦笑記事書きますンで今後ともヨロシクお願いします。







  1. 2007/03/30(金) 23:34:41 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/441-6c808558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。