ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Cliff Edwards - Ukulele Ike




はてさて、紅葉風景から聞こえてきたメロディーをカキコしておこう
ご存知ウクレレ・アイクことクリフ・エドワーズ!
1895年生まれで10代からショービジネスの世界に突入
(挿入ではない)
で、100本以上の映画に出演(って?どこかで観たかも)
で、1940年ディズニーの「ピノキオ」でジミニークリケット
(あのコオロギのオッサンやんケ)の声優を演じて
「星に願いを」を唄ってオスカー獲得(ナットク)
(この時代のオスカーってやっぱ威厳があるよナぁ)
好き嫌いはあるかもだがペットやカズーにベースまで声色されるンですナ
それにもちろんウクレレ、これらが彼のヴォーカルと
三位一体化されとるンですワ、
このCDでは1924年から1933年までの録音を年代順に
編集されとります
レコードで言えばB面にあたるであろう6曲目(1929年)の
「シンギング・イン・ザ・レイン」から最後(1933年)
「イッツ・オンリー・ア・ペーパー・ムーン」までの流れがたまらん
魅力的な選曲と(深いンですよ~)このヴォーカル!

いつも僕ぁヴォーカルよりバックの音が気になる方だが今回はこの
ヴォーカルにマイりました(ただのヴォード・ビリアンでは無い!)
決めの一発ぁやはり(1934年)「オールド・ファッションド・ラヴ」!
このシンプルなサウンドにバック・コーラスの妙!と彼のヴォーカルで
絶妙となるのである
(僕にはコレこそ「山のバス停」から聞こえてくるメロディなんスよ)、

ちなみにジェームズ・すたンPぃ~・ジョンソンさんの(ドラムデュオ)
「オールド・ファッションド・ラヴ」は完全なる「春」のイメージ
菜の花咲き乱れる小川の土手を「大股」に歩いておられるではないですかッ

うう~む、今回もロマンティストで詩人なドクターで(ゴメンちゃい)
スポンサーサイト
  1. 2006/11/26(日) 07:34:47|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<The Immortal Lester Young | ホーム | >>

コメント

これはジャケットがなかなかイカしてますね。
で、ドクター殿のこれを読んで、私にも聞こえてきましたよ。クリフ・エドワーズが自身のウクレレのみで歌う"Somebody Loves Me"が。あのシンプルでロマンティックな調べ。あ~そうかぁ。う~ん、そうかぁ。
  1. 2006/11/26(日) 20:13:26 |
  2. URL |
  3. yama #-
  4. [ 編集 ]

ちょ、ちょっとォ~!?

"Somebody Loves Me"?フェントン・ロビンソンとは全然まったく関係無いようですが、
そ、そうかぁ~って一人こんなトコロで納得してもらっても困るンですが・・・・
とにかく本日のお仕事はハードだったので(寝ヨ)しかしナニか気になって(眠れそうにない)・・・(;¬_¬)。
  1. 2006/11/26(日) 22:55:15 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/399-c67ea33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。