ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ANDY KIRK AND HIS TWELVE CLOUDS OF JOY 1938




どこから頭やネン?と聞きたくなる容貌のこのオッサン
アンディー・カークさんで楽団の棒振り、
(オブコーッス 中古でゲェッツ!)
「コレぁ エエどォ~」ってより「これぁ 甘いぞ~!」
めっちゃ甘い、これこそスウィート・ミュージック!
ジョージア・ブラウンにロレイン ましてや
アーサー・コンレイだけがスウィートでは無い・・・・・・、

偶然にもこのバンドに参加したサックス奏者夫人のメリー・ルーは
樂旅では どんな夫婦生活だったのか?二輪駆動では生活が潤うナとか、

ヘンリー・ウェルズって人がトロンボーンとヴォーカル
他メンバーより その分給料高かったのか?
(しょーもない事ばっか考えてしまう)

で、(トロンボーン吹いてる暇あんのか?)と思うくらい
ひたすら甘いヴォーカルに専念しておられる
その甘さのさざ波の中で時たま小気味よくスウィングする楽曲
なんかも演ってくれちゃったりなんかして
(い やン)ニクいバンドやおまへんか、

合間に聴こえるテナーソロ、メリー・ルゥのピアノ
はたまたテッド・ロビンソンってギタリストが1曲だけ
ソロを取る そういうときに「オッ!」(ハっとしてグぅ~)
出し惜しみは演出でっか?
(我慢して 我慢して チョこっとだけ・・・ぁ いッや~ぁン)
って オイっ!最近 格調が売りモンなんやけど・・・・

とにかく甘くロマンティ~ックな楽曲が多く オッサンひとりで
聴くにゃツライものがあります ンが、結局 全曲聴いてしまう
ンですわ(なぜならじつは 僕はロマぁ~ンてィストなんですョ)
いつか素敵な彼女とアレの時 BGMに使おと(思ってます)ムフッ。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/18(火) 18:30:37|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<The Ebonys | ホーム | 蒸しブタ>>

コメント

アンディ・カークのギターと言ったら"Floyd's Guitar Blues"のフロイド・スミスだけど(あれは39年だったか)、このテッド・ロビンスンもなかなか渋いプレイを聴かせますね。
ところでこれアマゾンにユーズドが約6千円で出てるけど、ドクター殿のことだからタダみたいな値段で手に入れたんでしょうね。
  1. 2006/04/19(水) 09:02:25 |
  2. URL |
  3. yama #-
  4. [ 編集 ]

陛下、タダっちゅう事は・・・

う~ん、それでも5千円ほどの利益になるかな?
でもやっぱ中古のクラシックス盤発見すると一応(ワカランまま)字に目を通しますネ、こういうバンドのジャンプな曲もインテリっぽいバンドに限って高低差が激しい
っていうか開放感が倍音として聴けるよな気がします、
ギターも日和見せず 独自な音を貫いてる
人がたくさんおられますナ、
ジミー・シャーリーって人はモンクみたいな人だなって感じます。
  1. 2006/04/19(水) 23:08:01 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/326-879ce7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。