ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

All The Duke`s Men




ひきつづき一周年記念っちゅうことで 今回はコレを紹介、
ひっどいジャケではあります(なんじゃ~ この絵)
最近 失敗作が多いようですが あのマウス絵達人ヴォーカリスト
に描いてもらった方が(イイみたい)
しかし中味は故油井正一先生の選曲で濃い!
40年~41年録音 エリントン ジミー・ブラントンのデュオが
4曲 あとブラントン ソニー・グリアーのリズムにホッジス、
ウェブスター、45年に去ったレックス・スチュアート、
42年に去ったバーニー・ビガード等 のピックアップ編成、


ブラントンって二十歳くらいでお亡くなりになってるンですナ
モダンに慣れた耳で聴いても やっぱスゴイな(40年の録音)だモンね

楽曲に合ってないって意味じゃなしに ベースが独立っていうか自立してますワ,デュオだけじゃなしに全曲 ブラントンって人の存在が感じられる

ハナシは全然ちがいますが 僕は釣りが好きで 釣り始めなんか毎回
ドキドキ ワクワクするワケで(子供に返れるンですネ)
エリントンさんの音楽を聴いても こういう現象が僕には起こるナぁ
幼稚園か小学低学年の頃、

このLPではB面6曲目にあたる「ア・ルル・アット・ドーン」
夏の夕暮れひとりで・・・アスファルトされてない道をとぼとぼと・・・
ココでのビガードさんのクラ聴くと そういう事思い出す

何考えて僕ぁ 歩いてたンだろ?(たぶん 当時からスケベな事)しか
考えてなかったと思うンだが・・・・・・、
とにかく僕的には ブラントンもさることながら当LPでは
ビガードさん 使い込んだ名工の道具の如きひかってマス。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/25(土) 22:24:59|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<DUKE ELLINGTON 1940-1942(1944-1946) | ホーム | Billy Strayhorn !!!Live!!!>>

コメント

エリントンの40~41年! 黄金時代でありますね!
しかしこのイラストジャはひどい…。でもこういう
悪趣味ジャケを珍重する向きも一部にはあるので、
持ってると自慢できることがあるかも。

ビガードはいぶし銀なプレーが光る、まさに名手と
呼ぶに相応しいプレイヤですね。
ビガードがバックを付けたケイ・スターの
ランプライター・セッションもなかなかいいので、
また機会があったら聴いてみてください。
  1. 2006/02/26(日) 11:55:48 |
  2. URL |
  3. yama #-
  4. [ 編集 ]

このジャケ?

改めてこうして見ると故三船敏郎がクレイジーキャッツとジャムセッションしてるみたい、

クラといえば昔の花形楽器で僕の場合 鯨肉と
ダブるなぁ
最近は白飯に付いて来る漬物状態ですナ

しかしココではメインディッシュというより
懐石料理の極上の一品と化してますネ

ケイ・スター、ランプライター あ、はい了解でございます、
いつもレーザーパルス的的確極上上品なアドバイスをありがとうございます。
  1. 2006/02/26(日) 12:33:05 |
  2. URL |
  3. ドクター #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://punyo81.blog1.fc2.com/tb.php/312-c918a5b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ドクター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。