ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レコ整理と美味かった店



さて休日、竿も出さず帰宅した僕ぁナニをしたか
(することないので)
懸案事項であるレコ整理をしたのである

RIMG6532.jpg
アトランティック系中心・南部系R&Bをアクエリアスの空箱に
押し込む作業にとりかかった(収納庫行き)である
レイ・チャールズに”オーティス”さん長年アリガト
(しばしの別れ)エーメン♪
日本国庶民の住宅事情には欠かせない作業でありますネ
(ってオレだけかぃ?)ヤフオクIDカム・ヴぁ~っく!




続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 11:16:23|
  2. RアンドB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

釣り行きと美味かった店


早朝のダム湖である
この近辺から我が職場へ通ってられる方が
おられたのでビックリですな
その方からけっこう釣れていると情報を得
巨匠か名人かヘボ釣り師は赴いた

続きを読む
  1. 2010/05/26(水) 21:49:11|
  2. ドクターの遊び場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Blind Joe Taggart Vol.1 1926-1928


Blind Joe Taggart Vol.1 1926-1928

最近・ワタクシがハマったヒト
ずばり、ブラインド・ジョー・タガートさんであります

えと・・・カタログにある
「ギターを持った伝道師」ってナニもんでっか?
(いつものええかげんなキャッチ・コピーでっか?)

「う~ん、ブラインド・ウィリー・ジョンソン知ってるやろ?」
あ、はい(少々)えと・・えと だ・ダークえん・・
(あ、ドクたさん歌わんかてええから お願いヤメて

「アレをゃな もうちょっと濃ぉした感じかなぁ」
えッ!ええ~ッ アレよりまだ濃いのん?
(ちょ ちょっと待ったりぃな どんなんゃソレ)
買います!買ぉて・聴いて・確認してみます

続きを読む
  1. 2010/05/20(木) 12:35:23|
  2. ブルーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

京都 東山地域散策




僕ぁその日、MTBに乗った

そうです 朝日の如くさわやかに・・・・
南禅寺、へてから蹴上へ



続きを読む
  1. 2010/05/16(日) 21:49:30|
  2. 京都 オン マイ マインド(春)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Duke Ellington 「Piano In The Background 」 (1960) B・T(1961)



油井せんせの名著「ジャズの歴史物語」エリントンの章では
1956年ベツレヘムに吹き込んだ「Historically Speaking: The Duke」
に端を発しフランスの評論家からイチャモンをつけられた事実
「ワシにも発表する権利っちゅうもんがあるんじゃぃ!」
と言いながらも以降、再演に慎重になったエリントンさんは
1966年「ポピュラー」という立派なレコを作ったのである
と・油井せんせは締めくくられておられる

そりゃまぁ ダレが聴いてもイイ(だからポピュラーなのである)
ま、曲のインパクトの方が強すぎて当時の空気っちゅうもんが表現されない
再演とは・それらモロモロのハンディを乗り越える演奏でなければ意味がない
(かヨぅに あたしゃぁ思う)

続きを読む
  1. 2010/05/13(木) 22:22:23|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暖春の徘徊



いつもの川だ・と言っても僕ぁ小物釣りはしない
ただただ自宅から南へひたすら歩いた
(カネを使わずに済む、タバコの本数も減る)
鴨川の支流だがクリックすると桜の花びらが流され
野生のコイが上ってる様子がうかがえる
うう~む本格的な春だ(季節よ止まれ)

続きを読む
  1. 2010/05/09(日) 10:03:35|
  2. 京都 オン マイ マインド(春)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE DUKE PLAYS ELLINGTON (1953)



いつか陛下さまがエエど・とおっしゃっていたブツ
録音するに3ヶ月は練習に明け暮れたんではなかろうか?
と・思わせるプレイでヨロシございますネぇ

エリントン・ファンには空間という隙間に 
かの黄金のアンサンブルが聴こえてくるに違いない
(僕ぁ伊達にトンソクは食ってない)

中古に飛びつき痛い目に会うのは変態野朗の悲しいサガ

続きを読む
  1. 2010/05/08(土) 08:45:51|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ドクター

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。