ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9月 午前中の散策日記



この月9月には日本国の貧乏町民を喜ばせる大型連休なるものがあり
5月のG・Wなにするものぞと都の市中は各藩からの脱藩者イナゴの大群の如く
浪人町民で溢れかえり東海道はもとより中仙道までもが人の波

こりゃかなわんと下級武士、毒太乃介は古馬にムチ打ち
川の流れと同じくするつづら折れ峠を疾走したのである

江戸の外様大名の倅、木下菜々十蜂貝天乃進は蘭学を学ぶ為
黒船に乗り込みなぜかバリ島へ遊学
(夷狄の女にうつつをぬかしておるという噂である)

柳生兵庫の介と関わりあるまじき笹 欽寓太はバテレン調査と称し
上役を撹乱せしめ長崎佐世保に五個荘くんだりまで・・・
実の所、遊漁三昧に明け暮れ物見遊山な旅をこなしておったのである
(チキショっ)

日向国は財部藩書院勤めの山野岬 魔亜椎乃丞は参勤交代随行として
殿と江戸へ赴き大好きな円盤店へ駆け込むも路銀を使い果たし
ただ指をくわえて見てただけという瓦版が町民に大いに受けた
(やっぱしB・B・Bなんて無かったですヨッ)
裏寂びた下級官史に見えるが睡眠不足と羨ましい焦燥感の術の使い手だから
朝廷貴族からカネなし公家にまで彼の人望は厚い
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/09/30(水) 22:54:04|
  2. ドクターの遊び場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Baby Dodds Trio 「Jazz A La Creole 」  (1946/1947. GHB 50. )


ま、800円だとカスを掴んでも被害が少ないというのは事実である
8万の方ぁ カスではない確証をもって臨まれるのである
どちらもレコード1枚に賭けたロマンと言えなくはない

カスか極上かイチかバチかの勝負に出て買ったのがこのレコである!
(もちろん8マンではない)
ワカリきった事言うな?
(そぉ~りぃ~)
しかし先日からの音源はNew Orleans Clarinet このCD買えばおつりがきそう・・、

続きを読む
  1. 2009/09/29(火) 16:12:35|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Barney Bigard Albert Nicholas (RCA)1935~・・・


そして僕ぁ またオールバニー・レオン・ビガードさんを買っチまった
A面がビガード、と言うかエリントンのピックアップコンボ
1940年11月11日の8曲、全曲J・ブラントンの参加
1曲だけカーネィと交代してるがテナーはウェブスターである

日本盤のデュークスメンに少々のダブりを感じるが
「CHARLIE THE CHULO」という曲はキダ・タローのあの曲に似てる
「LAMENT FOR JAVANETTE」はたぶん初めて聴くなぁ
出だしからティゾールの曲とわかり個々のプレイがなんともすばらしい、
続きを読む
  1. 2009/09/24(木) 21:49:47|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Barney Bigard and Jazzopaters 「barney goin` easy」 1937/40

ビガード 1937 40
みなさまシルバーウィーク?僕ぁ忙しデスが、なんか書いときます
ダブリ覚悟、夏前だったか買いました(安かったからに決まってます)
エリントンに付けられたニック・ネームは「ヘビ使い」snake charmer
僕が「チャルメラおじさん」と呼ぶのは誰でしょう(知るか ンな事)

ランニングコードチェンジにオープンなホーンはウェスタンスタイル
負けてなるかとエリントンはマイレイやサムナントンの意思を継ぎ
ジャングルサウンドで対抗した、
そのジャングルに一輪咲いたのがビガードのクラリネットである
(ま、イチオウ僕のイメージなんですが)
続きを読む
  1. 2009/09/22(火) 07:56:03|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

DOCTOR HERA?


さぶタイトル・秋のブルースまつり
(ルート66)ではなく
先日 丹波路を走るとそこに秋の気配を感じた
運転は弟子に任せる(楽チン)であった
(話は変わるンですけどネ)
RIMG4548.jpg
先日N・Yではまぼろしのイケメンハーピスト「DOCTOR HERA」のアルバムが
発掘されたそうでウォール街では株価に強烈なる刺激を与え狂喜と震撼で
湧き返っとるっちゅうニュースで持ち切りだった(過去形)

ハドソン川で竹竿を操りながらヘラ釣りしてた?
とんでもない・・・・ありゃぁ 僕ではなぃ
(関連サイト)
僕ぁハドソンではカーボンを使用する「ミスター・ヘラ師」である
(ちなみにミシシッピでは「瑞雲」を使用する事はある)

続きを読む
  1. 2009/09/14(月) 22:05:20|
  2. ブルーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

The Louis Armstrong Collection, Vol. 5: Louis in New York (1929)


The Louis Armstrong Collection, Vol. 5: Louis in New York

デジに大量のスカスカ音源入れて聴いてるのはご承知の通りですが
(こういうトコロにボックスものを入れておくと便利ですナ)
聴きながしてるつもりが・・・ナニをいまさらと思われるでしょうが

例の「King Louis 」から1929年の1曲「Knockin' a Jug 」がクセになりまして
(どーにもこーにも たまりまへンがナ)
この時期の録音はもっと聴ぃとかんと無くなるかもという脅迫観念と
切実なる思いから買っちまったCDですが (買ってヨカッタっす)


続きを読む
  1. 2009/09/12(土) 21:45:04|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「McLemore Avenue」 Booker T. & the MG's (1970)

RIMG4487.jpg

最近えらくTVでビートルズのことが話題になってるようだ
(理由は知らン)
素人のおっさんがインタビューされてた
「人生を楽しくしてくれた人たち」
(言ってくれるネぇ)
しかしそのあとの言葉ががイケマセンっちゅうか・ひっかかった
「これ以上の人達はいないでしょう」
(はぁ? いると思いますけど・・・・)

続きを読む
  1. 2009/09/11(金) 20:59:33|
  2. RアンドB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ジャズ批評 No 36  ぱぁ~とⅡ


さて、つづきって言うか最近泣いてるエリントンのおっちゃんも気になるトコロで
例の季刊誌を見てみると野口のひさみっつぁんが「ファーゴ」で・・ 続きを読む
  1. 2009/09/08(火) 11:14:22|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ジャズ批評 No 36


気が向いたらって感じで買ってた「ジャズ批評」の一冊、
(ナントカジャーナルってのより密度が濃いよなぁ)
寝苦しい夏の夜は布団の上でひっぱり出して読み直してた
(購入当時はペラペラとめくってただけだが)
今読み返すとけっこうオモロかった
特集は「私の好きな1枚のジャズレコード」

内容より執筆陣が興味深い
で、各自自分の思い入れあるジャズ・レコを紹介してるんだけど
「なにもない」と書いたのは田中の小実やん(笑わしよンな)
んじゃ 2・3気になるページを・・・・
続きを読む
  1. 2009/09/04(金) 21:55:10|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ドクター

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。