ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

保津峡ー愛宕ー亀岡 の(つづき)



昨夜は指くわえてたらオークションが終了してしまった
(あ~ぁ)
ゆゥ~ちゅうぶで先日のルビー・ブラフさん!
ピィ~ウィ~さんとの60年ニューポート、
ヴァンガードのブラフさんとは別人のごとく
(おそまつなソロ)貼る気にもならん

そんな事より続きを書いておこう、 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/10/29(月) 22:02:39|
  2. ドクターと僕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

保津峡ー愛宕ー亀岡



フラっとチャリに乗り、フラフラとJR「丹波口」に着き
ヒマだから「保津峡」まで切符を買った、

「保津峡」から愛宕の「神社」まで2時間、
「そんなに時間かかるケ?」職場のオッサンの言葉が
ミョぉ~にひっかかってた(やっぱりかかった) 続きを読む
  1. 2007/10/27(土) 11:56:23|
  2. ドクターと僕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

THE RUBY BRAFF SPECIAL (1955年10月17日)




先日のジョージ・バーンズさんとの演奏で非常に気にいりました
ルビー・ブラフさん、この人の音色とサッチモさんを彷彿とさせる
フレージング、といっても安っぽい懐古趣味であるワケゃあ無い!

1954年のダウンビート誌トランペット部門の新人賞は あの
クリフォード・ブラウン様で1955年の新人賞はこの
ルビー・ブラフさんであったというお堅い話はやめよう、 続きを読む
  1. 2007/10/26(金) 00:47:15|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

リトル比良 山ある記




琵琶湖畔から見た比良山系で北の端になる、
この辺りにリトル比良という縦走コースがあるワケで
先日歩いた(その時の話でもしよう)


続きを読む
  1. 2007/10/24(水) 20:11:54|
  2. ドクターと僕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2007ライブ・イン中書島「ミカ」②




前回は「ゆぅ~ちゅぅブ」やワタクシの失態という話題が
波紋をよんだワケで ワシの立場ぁ どうなンのっ!
ってボヤぃてもしゃーないから第2弾と行こう~。 続きを読む
  1. 2007/10/18(木) 08:21:15|
  2. ドクターの遊び場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2007ライブ・イン中書島「ミカ」①




ブルースブームは今から30年ほど前だったか
その頃 僕等の友人ってのか知り合いに静岡出身の
ヘンなギター弾きがいた(名前は「A」としておこう)

髪の毛はオシリくらいまで伸ばし いつもジーンズ
寄り目をしながらストラトをチョーキングしてニタぁ~っと
笑う すると口一杯の銀歯が鈍く光芒を発し
梅図かずおの世界を実写で体験できるワケだ 続きを読む
  1. 2007/10/15(月) 11:05:10|
  2. ドクターの遊び場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

THE COMPLETE FLETCHER HENDERSON (1927-1936)





「世にいうスイング・ミュージックの全盛時代とは、大まかに言って、
一九三六年から一九四二年に至るまでの期間を指している。」

(ジャズ批評 19、「スイングからビ・バップへの架橋」)から
粟村政昭氏の記事を抜粋した、要するに1936年とは それまで
不評しかもらえなかったベニー・グッドマン楽団が最後の演奏と
ロスのパロマボールルームで奇跡の熱狂的な大歓迎を受けたことから
始まり 1942年とは戦争の勃発及び第1次吹き込みストの
突入を言っておられるのである、

ベニー・グッドマン楽団、成功の影にはアレンジャー
としてのフレッチャー・ヘンダーソンの功績が大きい
こころあるジャズファンなら周知の事実である

(どゃ こういう風に書いたら評論家みたいやろ?)
続きを読む
  1. 2007/10/11(木) 22:14:26|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TEDDY WILSON AND HIS ORCHESTRA 1934-1935




お待たせしました(つづきです)

という事でLPの「ブランズウィック」と当CDはすんなり
落とせた(格安 バンザィ!) 続きを読む
  1. 2007/10/07(日) 15:34:22|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

THE TEDDY WILSON (1935-1938)





「カフェソ山崎」様のブログで
「テディ・ウィルソンっちゅぅたらコレやど」
と何回となく言っておられたと思う、
昔 中古屋でよく見かけたが山崎氏の発言が影響したのか
最近サッパリ見かけなくなった
こうして音源というモノは我が国の朱鷺(絶滅種)状態になるのである 続きを読む
  1. 2007/10/07(日) 15:19:41|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Washboard Rhythm Kings, Vol. 5(1930-31)





ワシゃぁ~ 一生第3集を聴くどぉ~って言ったのは先日の
事でありますが やはり・・「オトコたるモノ チ○ぽこと
アンテナは常に立てとかにゃぁならン!」というワタクシの
信条が実証されたワケであります(執念のオトコ ドクタ~)、 続きを読む
  1. 2007/10/01(月) 23:26:27|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ドクター

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。