ドクターワールドへようこそ ♪

      JAZZ R&B,Rock Blues                        

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Duke Ellington 「Piano In The Background 」 (1960) B・T(1961)



油井せんせの名著「ジャズの歴史物語」エリントンの章では
1956年ベツレヘムに吹き込んだ「Historically Speaking: The Duke」
に端を発しフランスの評論家からイチャモンをつけられた事実
「ワシにも発表する権利っちゅうもんがあるんじゃぃ!」
と言いながらも以降、再演に慎重になったエリントンさんは
1966年「ポピュラー」という立派なレコを作ったのである
と・油井せんせは締めくくられておられる

そりゃまぁ ダレが聴いてもイイ(だからポピュラーなのである)
ま、曲のインパクトの方が強すぎて当時の空気っちゅうもんが表現されない
再演とは・それらモロモロのハンディを乗り越える演奏でなければ意味がない
(かヨぅに あたしゃぁ思う)

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/05/13(木) 22:22:23|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

THE DUKE PLAYS ELLINGTON (1953)



いつか陛下さまがエエど・とおっしゃっていたブツ
録音するに3ヶ月は練習に明け暮れたんではなかろうか?
と・思わせるプレイでヨロシございますネぇ

エリントン・ファンには空間という隙間に 
かの黄金のアンサンブルが聴こえてくるに違いない
(僕ぁ伊達にトンソクは食ってない)

中古に飛びつき痛い目に会うのは変態野朗の悲しいサガ

続きを読む
  1. 2010/05/08(土) 08:45:51|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Freddie Hubbard 「Straight Life」 (1970)



さてと・僕の最も好きなフュージョンともいうべき作品は・・・・
僕のブログを見てると判るハズなんですが「コレ」
(CTI 「GERSHWIN CARMICHAEL CAT」)
やっと手に入れたのが「2008・阪神百貨店 歳末大市」と・・
(2回もエントリーしてまんにゃがナっ!)

ま、それはともかく次となるとこのフレディ・ハバートを上げたい
そう 昔、FMでナベ・貞夫氏がやっていた番組のテーマ曲
ラジオでは冒頭部分しか流れてなかった
じつぁ2・3年前 中古屋で見つけてなつかしナと・買ったブツ
ラジオでは聞けなかったアトの部分である延々と続く打楽器の洪水とも呼べる
リズムがなんとも気に入った(コレやコレや コレでんがな!)

ジミは自分のギターのバックにこういうリズムが欲しかったんやど
(と・自分ひとりでナットクしながら)
このリズムを聴きジミのストラトを想像すると涙がハラハラと・・
(ウソですが)
具現化したのが「アガルタ」「パンゲア」だったかも
「時の歩廊」 ギル・エバンスよ(たち去れぃ)・・さいなら

さて“7時28分の恋人”はお天気キャスター(僕の)半井 小絵ちゃん



続きを読む
  1. 2010/04/29(木) 19:44:53|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Herbie Mann . MEMPHIS UNDERGROUND (1969年)


メンフィス・アンダーグラウンド

女の子との会話だけのため、ただその為だけにフュージョンを聴いた
まさに動機が不純、不ゆぅ純異性交遊ではないか?
じつに下らん洒落であったがこのハービー・マンはフュージョン以前
(69年録音)
火付け役とはいかないまでも先駆的ではなかったかなと・
概念的R&Bを基調としたロックですナ
(どや カタぃやろ?)
と・なるとオールマンの「マウンテン・ジャム」に
ポール・バターの「イースト・ウェスト」てな話もしたくなるワケ
ですがヤヤこしなるからヤメて・・・
フュージョンの前にクロス・オーバーと呼ばれていたという事実確認
をしときたいワケで年代的詳細はカタログ化した音楽雑誌を
ぺらぺら眺めたら事済むと思いますナ

続きを読む
  1. 2010/04/26(月) 12:25:05|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

THE VINTAGE JOHN KIRBY (1938-1941)




まずはじめに・・・この音楽は小さなジャンルにとらわれず
大変素晴らしい音楽であると僕ぁ思う

ま、まぁジャケにはチト問題があるかも・・・
(かもではなくはっきり問題は発生してますが)

1908年メリーランド州ボルティモアでひとりの捨て子が拾われた
差別の激しい街で白人にしては肌の色が黒い、黒人にしては白すぎた
孤児院はまさに地獄であり、そこから這い出てペンシルヴァニア鉄道の
ポーターとなる(これだけでも物凄い人生の道程ではないか)

刑事コロンボのようなコートにチューバをかついでヨタヨタと・・・
フレッチャー・ヘンダーソン楽団に現れた彼は
みんなの笑い者であった・とレックス・スチュアートは語る
ジョン・カービーの才能が開花したのはチック・ウェブ楽団に
入ってからだとも言っております、

続きを読む
  1. 2010/03/21(日) 12:36:33|
  2. ジャズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

ドクター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

駅の時計

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。